2017年12月31日 (日)

2017年の総括4―個人編

(総括3から)

 宿泊を伴う遠出はゼロ。
Dscn9039082508
 日帰りで鬼怒川方面、上越方面に行った程度と少なかった1年。
 いや、1週間の宿泊がありました。正確には入院で、人生初めての手術。術後の経過は良好ですが、自然と無理はしなくなりました。
 この1年間の模型購入は、
042409060509
【KATO】タキ3000×2、ヨ5000、キハ110系×6、コキ101×2、C11、オハネフ12×2、オロ11、オシ17、183系×9
10150510182
【TOMYTEC】南海1201、1213、南海2000真田赤備え×4、阪神7001/7101×4、神戸1100×3
12296
【TOMIX】キハ26(M,T)
【MICRO ACE】キハ91
010604
【Bトレ】小田急10000×7
 日比谷公園の「鉄道フェスティバル」で抑えたため、鉄コレは例年より少なめ。KATOは新製品のC11以外はほぼ衝動買い。Bトレはこれで終止符。それでも合計48両になりました。

 私的見解でN Gauge オブザイヤー2017といえば、
【KATO】C11:KATO唯一購入した新製品ですから
【TOMYTEC】南海2000真田赤備え:良き出来栄えに見えたので
【TOMIX】183系0番台(限定/登場時):最近入手したので(といってもKATO製ですが)
【MICRO ACE】20周年記念キハ90、91(旧製品1両を入手したので)
【GM】西武9000ピンク(実車をよく見るので)
 こじつけも多々ありますが、こんな感じです。
12295081506
 久々に製作したモジュールレイアウトは3台。新年会に向けて年末年始に改修を予定しています。
071607
 工作は新たにLED室内灯の取付けを開始。60両程の完了も試行錯誤の連続。2018年も継続していく予定です。
 目標があれば手を動かすことになり認知症予防に繋がると思えば未来は明るい?、と思い2018年を迎えるのであります。2017年も有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

阪神7001・7101形のN化

 今年は2日目の8日に日比谷公園へ行きましたが、直前までどの鉄コレを購入するか迷ってました。
 当初は阪急7000系原形、阪神新旧2種類の各2箱(4両分)を予定。10時過ぎの到着でも並べば入手可能でした。しかし阪急は稀に見る品質不良の多さがネット上で噴出したため撤回。
 結局購入したのは、阪神の行先表示器設置前(旧仕様)の2箱と、衝動買いの南海2000系真田赤備え。最近では少な目です。
 これで、阪急32両、阪神28両、南海32両、近鉄40両、大阪市+北急24両。各社6~8編成で一定数揃ったことと、価格高騰が購入意欲を鈍らせた要因です。昭和のネタもなくなるだろうし、そろそろ日比谷公園で並んでまで購入する鉄コレも打ち止めかなと思ったりします。
10181 さて、阪神のN化。
 KATOパンタに交換した中間車にはTM-12R動力を用いますが、今まで苦労した動力用台車枠が今回は付属しているので、動力化は楽です。
 もう1両の中間車はパンタなし屋根(神戸方)に交換。
 先頭車はアンテナを取付け、動力車以外はKATOの車輪に交換、連結器は密連ポン付け、座席下に板鉛を装着。
10182  これで走行可能に。あとはステッカーと車番インレタですが、ここで止まっている車両は多数あるので、完成はいつのことやら。
10183 10184  ところでこの列車。こんなスルKANが手元にあり、7801×2+7001×4の編成となっていて、今回実現。ということで旧仕様を購入したわけです。 また、製品パッケージの画像、6連の後ろ2両の屋根が低いので、7801かもしれません。
10185  実車同様、屋根の高さが違います。片開き扉と両開き扉の併結編成って、JRのグリーン車が連結されているのを除くと、見なくなりましたね。
 しかし阪神電車って人気が低いようで、参考資料やブログが少ない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

南海2000系真田赤備えのN化

 手持ちの南海電車といえば、7000系や大運転の21000系や22000系、現役の超骨董級6000系や7100系といった昭和の匂いが漂う車両ばかり。今回の平成生まれのラッピング車は衝動買いです。
101501


 お上に献上しても遜色ない重厚さを漂わせる外装。

101502


 鉄コレだから心配したのですが(?)、綺麗な仕上がり。これが衝動買いの要因です。

 さて、N化。
101503


 動力車以外はKATOの車輪に交換、連結器は密連ポン付け、座席下に板鉛を装着。パンタはKATO製に交換。先頭車はアンテナを取付け。動力はTM-05Rですが、残念なことに動力台車枠がありません。過去に購入して余剰となった動力枠も該当しません。仕方なくカットして接着。

101505


 行先ステッカーは各停|橋本にしましたが、ステッカーも鮮明。関西空港以外はローマ字表記も読めるほど。

101507


 それにしても細部までよく表現されています。

101508


 「鉄コレもやれば出来るじゃん」と思わせる車両でした(奥は22000系)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

阪急5300系のN化―10

10101
 電連付TNカプラー(品番JC6328)を購入して原形の運転台側に取付。
 現行の紋章は結局入手出来なかったので、これで終了にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

鉄道フェスティバル2017

100802
 ここ数年、日比谷公園で開催される鉄道の日フェスティバルの初日に初電で行き、阪急阪神といった事業者限定の鉄コレ購入に精を出してきました。
 しかし今年は7日(土)と9日(祝)が仕事。で8日(日)に行くも、歳には勝てずゆっくり出発。
100801
 10時過ぎに桜田門に到着。今までは夜明け前でしたが、今年は秋晴れの画像です。
100804
 清々しさの中、日比谷公園に入ると・・・阪急阪神北急グループの列が短い!! 500~600人の列は当たり前だったのに折返しのターンもない推定200人(赤矢印が最後尾)。
100805
 ということで、すぐには並ばずに他のブースなど場内一周したら、列は短くなり推定50人。ここで並び購入。
 拍子抜けの中、購入したのは阪神7000/7101形の初期車(板車)、南海2000系真田赤備え、そして帰路途中の模型店で神戸電鉄1100形。
100803
 阪急7000系は・・・阪急はお腹一杯なのと、周囲の声で「不良品が多い(みたい)」というのを聞き見送り。北急は・・・同じくお腹一杯。
 では阪神はというと・・・色が2種類(赤胴と青胴)あり飽きないから大丈夫・・・訳ではありませんが。
100806
 ということで、いかにも大きな「鉄オタ」手提げ袋を恥ずかしく持って帰宅したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

鉄コレ箱根登山鉄道のN化「水タンクを外さず連結器を付ける」―5

 1年前、加工したTN連結器を取付けました(その様子―1―2―3―4)。
09256
 その後モハ2形も加わり合計6両。
09251
 連結器は加工しないままでしたが、8月にお手伝いしたJAM会場で画期的アイテムを入手しました。
09252
 TOMIXのTNカプラー(0381:Sカプラー対応)を使い、組立てます。わかりやすく無塗装で組み立ててますが、先に塗装しておきます。
09253
 車体へ取付け。1年前に加工した連結器(左)との比較。
09254
 連結間隔も一緒。双方の連結も可能です。
09257
 数の関係で一部は製品のダミーカプラーのままや、モハ1形の非運転台側はKATO密連ですが、これで多様な編成が組めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

阪急5300系のN化―9

09191
 先頭車の前面が終われば楽になります。少々下がっていた5308の「53」は貼りなおしました。
 8連時に中間に入る5408と5309の運転室側にTNカプラーの予定も、手持ちがないので後回し。
 側面車番を貼り、
09192
 現行の紋章は手元にないのでこれも後回し。
09193
 ということで2種類の4両。
 両方を繋げた8両編成にもできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

阪急5300系のN化―8

09181
 ジオマトの車番を貼ります。
 原形、更新4両ずつを8両編成にしても違和感のないよう、車番を決めています。
 (←梅田)更5308―原5408+原5309―更5809(M)―原5859―原5869―更5909―更5409
 普段先頭に立たない5309は更新車ですが原形車前面で妥協しています。
09182
 1番目立つ前面。3000系インレタから3008、3009を貼り、30を消して汎用インレタの53、54を貼ります。
09183
 53が少々下がっていますネ。余裕があれば後で貼り直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

阪急5300系のN化―7

 昨年10月に日比谷公園で購入して、10月中にN化を進めてきいき、方向幕と車番インレタを残したままで半年以上
 今更ながらですが、付属の行先ステッカーを貼りました。
 京都線なので「特急:河原町」を貼っていったのですが、5300系のステッカーは少し押さえただけで剥げてしまいます。このため同じ京都線の2300系(こちらは何故か剥げない)のステッカーを使用。しかし特急がないので「普通:河原町」に変更しました。
0903109032
 前面も同様で2300系のほうの文字が小さいですが(左)、剥げないので採用。
09033
 原形車も同じく貼りますが、不足するので、「急行:河原町」の上から「普通」にしてみました。中間に入る原形の先頭車の行先幕は省略しています。
 それにしても撮影した画像を引き延ばすと、埃は凄いし引っ込んでいる筈の幕は飛び出しているし、グダグダですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

第24回鉄道フェスティバルに何を期待するか

 長蛇の列に並ぶ試練が今年もやってきました。
 ここまでの発表によると「阪急=7000系」「能勢=610系」「阪神=7000/7101形」「北急=9000形」がいずれも2種類。全て2両セットです(詳細はRM MODELS等で)。
 今回のラインナップ、どれも下馬評が高いようで、例年にも増して長蛇の列になりそうです。

 特筆すべき点は、北急が「先頭+中間」に加え、今回初めて「中間+中間」を出すこと。当方はこれまで4両編成に割り切っているので問題ないですが、フル編成希望の方々には先頭のダダ余り回避という朗報です。

09210305231
 当方は「阪急7000系原形:計4両」「阪神7000/7101形2種類:計8両」あたりに絞ろうかと。能勢は記憶になく、北急はまだ見たことがないのでパスします。
 またマルーン単色ではない「阪急7000系リニューアル」は、迷うところです。
 いずれにせよ「4両編成」になるように、今年も老骨に鞭打って初電で行くことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧