2017年11月23日 (木)

TOMIX14系寝台客車17―ハネ下段にステッカーを貼る1

 牽引機のヘッドマークの考察で一段落してから約1年。今回は寝台にステッカーを貼り、室内灯設置、側面方向幕を貼ることにします。
 最初はステッカー。
11232
 ハネの客扉が★★★なので2段式B寝台。上段は窓から見え難いので省略。下段だけ。といっても旧製品なので上段パーツはないし、分売パーツも対応しません。
 とりあえず10系の時の自作ステッカーを貼ってみました。
11233
 座面の奥行きが短いのと、背もたれに丸い突起があり上手く貼れません。
11234
 寸法を変えて新規に印刷しました。
11235
 また、貼る部分の突起を削りました。
 これで良さそうですが、ハネ、ハネフは12両あるので先は長いです(―18へ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

南海2000系真田赤備えのN化

 手持ちの南海電車といえば、7000系や大運転の21000系や22000系、現役の超骨董級6000系や7100系といった昭和の匂いが漂う車両ばかり。今回の平成生まれのラッピング車は衝動買いです。
101501


 お上に献上しても遜色ない重厚さを漂わせる外装。

101502


 鉄コレだから心配したのですが(?)、綺麗な仕上がり。これが衝動買いの要因です。

 さて、N化。
101503


 動力車以外はKATOの車輪に交換、連結器は密連ポン付け、座席下に板鉛を装着。パンタはKATO製に交換。先頭車はアンテナを取付け。動力はTM-05Rですが、残念なことに動力台車枠がありません。過去に購入して余剰となった動力枠も該当しません。仕方なくカットして接着。

101505


 行先ステッカーは各停|橋本にしましたが、ステッカーも鮮明。関西空港以外はローマ字表記も読めるほど。

101507


 それにしても細部までよく表現されています。

101508


 「鉄コレもやれば出来るじゃん」と思わせる車両でした(奥は22000系)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

阪急5300系のN化―10

10101
 電連付TNカプラー(品番JC6328)を購入して原形の運転台側に取付。
 現行の紋章は結局入手出来なかったので、これで終了にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

鉄コレ箱根登山鉄道のN化「水タンクを外さず連結器を付ける」―5

 1年前、加工したTN連結器を取付けました(その様子―1―2―3―4)。
09256
 その後モハ2形も加わり合計6両。
09251
 連結器は加工しないままでしたが、8月にお手伝いしたJAM会場で画期的アイテムを入手しました。
09252
 TOMIXのTNカプラー(0381:Sカプラー対応)を使い、組立てます。わかりやすく無塗装で組み立ててますが、先に塗装しておきます。
09253
 車体へ取付け。1年前に加工した連結器(左)との比較。
09254
 連結間隔も一緒。双方の連結も可能です。
09257
 数の関係で一部は製品のダミーカプラーのままや、モハ1形の非運転台側はKATO密連ですが、これで多様な編成が組めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

阪急5300系のN化―9

09191
 先頭車の前面が終われば楽になります。少々下がっていた5308の「53」は貼りなおしました。
 8連時に中間に入る5408と5309の運転室側にTNカプラーの予定も、手持ちがないので後回し。
 側面車番を貼り、
09192
 現行の紋章は手元にないのでこれも後回し。
09193
 ということで2種類の4両。
 両方を繋げた8両編成にもできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

阪急5300系のN化―8

09181
 ジオマトの車番を貼ります。
 原形、更新4両ずつを8両編成にしても違和感のないよう、車番を決めています。
 (←梅田)更5308―原5408+原5309―更5809(M)―原5859―原5869―更5909―更5409
 普段先頭に立たない5309は更新車ですが原形車前面で妥協しています。
09182
 1番目立つ前面。3000系インレタから3008、3009を貼り、30を消して汎用インレタの53、54を貼ります。
09183
 53が少々下がっていますネ。余裕があれば後で貼り直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

阪急5300系のN化―7

 昨年10月に日比谷公園で購入して、10月中にN化を進めてきいき、方向幕と車番インレタを残したままで半年以上
 今更ながらですが、付属の行先ステッカーを貼りました。
 京都線なので「特急:河原町」を貼っていったのですが、5300系のステッカーは少し押さえただけで剥げてしまいます。このため同じ京都線の2300系(こちらは何故か剥げない)のステッカーを使用。しかし特急がないので「普通:河原町」に変更しました。
0903109032
 前面も同様で2300系のほうの文字が小さいですが(左)、剥げないので採用。
09033
 原形車も同じく貼りますが、不足するので、「急行:河原町」の上から「普通」にしてみました。中間に入る原形の先頭車の行先幕は省略しています。
 それにしても撮影した画像を引き延ばすと、埃は凄いし引っ込んでいる筈の幕は飛び出しているし、グダグダですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

KATO 10系寝台客車に室内灯―6

07201
 当初ハネのベッドは端(縦方向)とは別パーツで貼っていたのですが、10両のハザでは数が多く面倒になったので、1枚ものにしました。
0720207203
 懸念していた端部の剥がれは予想通りですが、予想外に目立ちます。定期的に保守が必要みたいですが、薄い紙のほうが曲げに馴染みそうなので、今後の検討課題に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

KATO 10系寝台客車に室内灯―5

 スロ54の赤くした座席が目立つので、他の車両も色差しをしようと検討したものの、ベッド部分だけ塗装するのは大変なのでシールを貼ることにしました。
06012
 オハネフ12です。
062501
 ネットの画像や微かな記憶を基にCADで印刷。
 青の濃淡です。
062502
 1区画4人分ずつ貼り
062503
 組立てて点灯
062504
 部屋を暗くして
 いずれも右が淡いのですが、大差なし。それより少し「くたびれた」青にしたいです。
062505
 青を少なくして緑を少し強くしてみました。
062506
 同様に貼って比較。左が緑です。
062507062508
 点灯・・・部屋を明るくしたり暗くしたり・・・。やはり緑が強い感じです。
062509
 最初の青の濃淡より更に薄くして印刷。車体も青なので少々薄くすることで「しつこさ」をなくしたつもりです。
062511
 ベッドの端(縦方向)にも別パーツで貼りました。
062512
 遠目には良さげですが
062513
 近づくとアララ
 LEDの真下と離れたところでは差が出るので、なるべく均一にできるか今後の検討課題です。
 それにしても1両分貼るのに1〜2時間要するので十数両は・・・ボチボチ進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

KATO スロ62 座席色差し&室内灯

06241_2
 座席を赤色にしたらグリーン車って目立つだろうと、滅多にやったことがない色差をして、電球色LED室内灯を組込みました。
06242
 座席全体を塗らず、ひじ掛け付近は塗らないようにしました。また白色の座席カバーは省略しています。凸凹が多く、ハミ出したり汚れたり、アラばかり。
 兎に角、組立て
06243
 非点灯で
06245
 点灯。雑ですが当初の目標通り、赤い座席が目立つことでOKとします。
06244
 こうなると寝台車にも施すとイイ感じになりそうですが・・・ハードル高そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧