2018年10月14日 (日)

TOMIX キハ181系2―集電パーツを入手、取付

10141
 今更ですが、中間T車4両には集電装置がないのでJS06とJS21を必要分入手。
10142
 装置のある先頭車を見ながら取付ました。
10143
 転がりが滑らかなことを確認。これで室内灯が取付けられますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

TOMIX キハ181系1―座席の塗装

09241
 KATOと混結するため、室内灯を取付けますが、
0924209243
 その前に座席を青色に塗装。
0924409245_2
 キロも無塗装のため座席を赤色にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

KATO 183系0番台3―座席の塗装

09101
 室内灯を取付けることにしたのですが、その前に。
 赤くなっているサロ以外の8両の座席を、適当にチマチマ筆塗し始めました。
09102
 効果があるのか、途中で車体を嵌め。
09103
「半分、青い。」・・・。効果ありそうです。
09104
 座席を方転させたクハ183-8。
09105
 座席を移植したWC側の1列はこんな感じ(上はクハ183-7)。違和感なさそうです。
09106
 側面から見える前照灯/尾灯装置を黒くしました(下)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

KATO 183系0番台2―続・先頭車座席の方向転換

09051
 (1より)車体に嵌める爪や台車の中心ネジの関係から方転させていないWC側の1列(赤丸部分)。
 ふとした思い付きで、キハ181でも使った雷鳥用のモハ484の座席が使えないか試みます。
09052
 キハ181では床板からの一部や座面を使いましたが、今回はクハ183の座席部分を移植します。
09053
 座面の高さが合うまで座席の底を削り、
0905409055
 爪に注意しながら元の座席を削り床をツライチにして、仮置き。
09056
 同様に反対側も。爪に干渉する部分を削り、
09057
 接着~
09058
 車体を嵌めて終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

KATO 183系0番台1―先頭車座席の方向転換

12021
 昨年入手した基本+増結の9両編成。
 旧485系と共通部品のためか、動力車の座席が反対向きのため、入手時に方転させています(→コチラへ)が、今回は編成の最後尾(東京方)になるクハ183-8を方転させます。
090101
 普通車座席のアイボリーから古さを感じます。室内灯取付時には塗装が必要になりますね。
 それ以上に共通部品のため、窓と座席のピッチが一致していません。更にクハ183は専用座席パーツみたい(4120の刻印がある)なのに他の車両に合わせた「不一致ピッチ」って。謎?闇?製品です。
090102
 さて、爪穴などから切断位置を検討した結果、WC側の1列は方転させず、3分割に。WC側1区画は向かい合わせにしています。
090103
 爪穴を拡大。
090104
 座席に穴をあけてしまった・・・。塗装すれば隠れそうな小さいダメージ。
090105
 集電板抑え避けの穴も開けます(左は元穴)。
090106
 接着して組立。
090107
 方転させてもピッチは一致しません。
090108
 端は向かい合わせですが、まぁこのくらいはいいでしょうと自己満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

KATO キハ82系5―キハ82座席方転車の調整、室内灯

08201
(―4より)
 座席パーツがその下の集電板を押さえていたとは知らずに切断したのが事の発端で。キハ181のように「集電板やON/OFFスイッチに影響がない位置で切断、背もたれは切断、ジャンクから持ってきて接着」とすればこのようにならなかったのですが、後の祭り。
 1両は尾灯点灯が可能で前照灯は不可。最後尾の役目は果たせますが、先頭にはちょっと・・・。ON/OFFスイッチは作動できるので、ONにして中間に組込めます。
 もう1両。座席の一部が破損して全体に繋げられない。キハ80の座席パーツASSYを購入予定したのですが、一足先に発売されたセット/単品のキハ80を見たら座席の色が違うのでASSYを待たずに工作。
08202
 両端から座席を接着。繋がらない部分は両面テープでウエイトに貼り付け。
08203
 室内灯を取付け、点灯~。
08204
08205
 結局2両共尾灯は点灯。前照灯は不可。ON/OFFスイッチはON固定にしておけば、最後尾限定で間違いはなさそうです。
 以上、キハ82系13両の室内灯取付、少々残念ですが終了とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

KATO キハ181系5―先頭車座席の方向転換5

08101
08102
 1両目同様に、余剰の背もたれを切り取り接着。2両目も全席方転。
08103
 強度に不安がありますが、無茶したり脱線転覆させなければ多分大丈夫という事で完成にしました。
08104
 上2両が方転車(下2両は製品のまま)、座席は右向きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

KATO キハ181系4―先頭車座席の方向転換4

08081
 もう1両目「181-49」(単品2両のうちの1両)方転させます。
 1両目と違い、最初からジャンクと合わせ、裏の形状や爪穴など、最小限の加工で済むように考慮して切断、接着。
 右から2番目(矢印)がジャンクの座席です。
08082
 青味や座席形状が若干違いますが、見た目気になりません。
08083
 運転席側の背の接着は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

KATO キハ181系3―先頭車座席の方向転換3

 懸案のこの座席の方転。
08041
 背を削り、ジャンクから余剰の背を取り、接着することに。
08042
 余剰の背はたくさんあるので気が楽ですが、小さいし現物合わせで凸凹の上に乗るようにカットするので、1個でも大変なのに1両で合計4個もあり、集中力を持続させるのが大変なお年頃です。
08045
08046
 出来は雑でも、車体を乗せると、ほら、(自己満足)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

KATO キハ181系2―先頭車座席の方向転換2

080301
 ぶらっと入った近所の中古オフ店で入手。
080302
 台車や連結器も付いたジャンク品。4551の刻印から雷鳥用のモハ484と判明。旧国鉄の特急ですから電車も気動車も座席ピッチは同じようなので、青の色味が若干異なるものの、使ってみます。
080303
 右側の部分を交換しました。爪穴を拡げて位置を決めて接着。
080304
 車端(扉)部まで座席が反転しました。残りは運転室側の2列です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧