2019年4月14日 (日)

平成最後の桜

 何かにつけ「平成最後」と言われますが、特に日本人はねぇ・・・。
04131
 ということで、3月下旬の都心の桜。開花後低温が続いた関係で、花見を楽しむ期間が長かったです。
04134
 数日後の、埼玉県の高麗神社。入学・入社のお祝いの賑わい。
04135
 境内では天皇陛下の写真展が開催中。御無事に多忙な公務を終えられます。
04132
 同じ日の秩父、羊山公園。
04133
 標高の差で満開はもう少し後だと教えてくれます。
 まもなく・・・えぇっと・・・何でしたっけ・・・そうそう・・・「令和」。忘れないように。

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

三島スカイウォークと鈴廣蒲鉾

03131
 季節の変わり目、天候不順の中、三島で仕事の帰りに寄ってみました。
03132
 展示パネルのように、好天なら富士山が見えます。
03133
 悪天候なので客足も今一つ。
03134
 ところが箱根峠を越えたら、ウソみたい。
03135
 蒲鉾と鉄分を補給してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

小江戸川越まつり会館

030601_2
030602
 久しぶりの川越。これまでなかなか見学できなかったのですが、ようやく潜入しました。
030603
 本物の山車が鎮座。これが数十基、街を練り歩くとなると迫力満点、祭り好きの人なら興奮するでしょう。
030605
 会館内の裏口から屋外に出し入れする際、高さ制限から山車を低くすることができるそうで、巧妙な作りにまたビックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

ASUKAⅡ

121001121002
 横浜みなとみらい。臨港線(?)跡の遊歩道の向こうに大きな船が。行ってみると・・・
121003
 大きな大きな「飛鳥Ⅱ」。以前、雪の中の晴海埠頭付近で見たのですが、横浜が船籍港なんですね。
121005
 対岸(赤レンガ倉庫側)に行く時間が無いので、大桟橋の先まで行ってみます。
121006
 大きすぎて
121007
 大きすぎて
121008
 大きすぎて
121012
 撮影より乗船したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

風祭、入生田、小田急GSE・・・

120401120402
 小田原といえば蒲鉾が有名。箱根登山鉄道の風祭駅前徒歩0分で「鈴廣かまぼこ博物館」。用事の途中で寄ってみました。
120403
 製造工程が見れますし、製造体験も出来ますって。
120404
 もう一つ、箱根駅伝の小田原中継所は鈴廣駐車場。「山の神」がここから山登りに挑みます。
120405
 隣りは入生田駅。こちらの駅前には徒歩3分で「生命の星・地球博物館」があります。
120409
 折角なので踏切から撮影・・・いきなりの新車は見事に露出オーバー。
120406
 後追いで。客窓の中央に縦線を入れたら名鉄7000系・・・にはなりません。
120407
 登山色の一般車。
120408
 すれ違い。やってくるのは小田Qばかり。本当の登山電車が小田原まで下山しなくなって久しいです。
 すぐ折返してくるGSEを忘れて移動したのは歳のせいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

東京タワー

 先日界隈を通ったので。
120101
 増上寺から
120102
 赤羽橋から
120103
 真下から。黒く見えるのは作業足場のネットのようです。
 都内の電車や首都高速を走る車などから見えますが、画像としてあまり手元にありません。まぁいつでも見えるとなると、意外とこんなものかもしれません。
 墨田区の何とかいう鉄塔もいいですが、やはり今でも東京のシンボルなんて書くと、「平成も終わろうとしているのに、いまだに昭和の人」といわれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

新宿~秋葉原行脚

112401
 ここ数日テンションが上がらないので、気分転換にお出かけ。
112402
 まずは新宿で、何かないかと侵入したものの、人混みで酸欠のため・・・いや、これといったモノがなく、成果なし。
112403112404
 ここから大江戸線の上を歩きます。これなら途中で嫌になっても電車に乗れるから安心ですが、結構高低差がある道で。
112405112406
 市谷柳町の交差点付近。以前ここには「交差点でもないのに信号機」がありました。信号機を撤去した柱を発見(矢印)。
112407
 何も絡んでいません。
 交差点がすり鉢状の底になっていて、排気ガスが溜まることから下り坂の途中に別途信号機を設けて車の進入を制限しましたが、排気ガスも減っているので、この信号機を撤去したみたいです。
 交差点の向こう側にもあったのですが、確認できませんでした。
112408112409
 その先、神楽坂上の交差点。午前と午後で一方通行が逆になっているのは、故田中角栄氏の意向ともいわれています。つまり、目白の私邸から国会議事堂方面に向かう午前と、帰る午後とで方向を決めたとか・・・。
112410112412
 飯田橋では国電マークが健在!! ここからはJRに沿って秋葉原へ。
112414
 店を巡回しても釣果は電子部品だけで模型はナシ。
 それでも約2時間歩いたのでリフレッシュできたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

帝国ホテル、宝塚劇場

11171
 それは突然のコト「一緒に帝国ホテルに行ってくれないか」。仕事とはいえ、これまで当方の人生で縁のなかった所です。
11174_2
 時間があったので近くを歩いていたら、向かいの宝塚劇場の前で、年齢を問わない大勢の女性たち。薄紫のストールを掛けた集団と、薄緑のストールを掛けた集団が整列。
11175
 タカラジェンヌ(ファンの間では「生徒」と呼ぶらしい)の出待ちか入り待ちの宝塚ファンの光景で、ストールを巻くのは暗黙の礼儀作法だそうで、ストールはファンクラブのお揃いの衣装のようです。
11172
 所用を済ませた後、地下の伊勢長さんで御馳走に。
11173
 日比谷有楽町界隈で、どこも初めて足を踏み入れた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

東京都水道局小河内線

111401
 10月に続き、小河内ダムを通る機会があり、要件を済まし駐車場に車を停めて少し歩くことに。
111402
 実は青梅方から行くと、ダムの直前にくぐるガーター橋が以前から気になっていて、今回見てきました。
 で、事前に調べたら、これは鉄道線の跡で、建設資材の運搬として約5年半、ダム建設に貢献。つまり今日、多摩川水系の人々が安心して水道水を使えるのも、この鉄道のお蔭だと知りました。
111403
 ダム駐車場から青梅街道を歩くと、広い平らな空間。これは終点の水根駅跡。
111404
 その先に最初の画像のガーター橋(第二水根橋梁)を反対側から。
111405
 その先にはコンクリート橋(第一水根橋梁)。
 画像は以上、この先は確認できませんでした。が、車で奥多摩駅側に行くと、何か所かで見え隠れしますが、車を停めて撮影出来ませんでした。
 山間を縫うようにして走る青梅街道からみても、トンネルと鉄橋の連続、落石、土砂崩落、転覆事故が起こっても不思議ではない凄い地形をC11級のSLが走っていたと思うと、ある意味「ゾッ」とします。
 廃線マニアでもないしこれ以上の思い入れもないですが、青梅街道を走る度に想いを馳せる程度はしたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

桔梗屋とスイッチバック道の駅とBU10K

10221
 1年半ぶりに行ってきました。観光バスが頻繁に出入りする相変わらずの盛況ぶり。
10222
 昼は近くの権六さんで 「ほうとう」を御馳走に。
10223
 その後、道の駅「甲斐大和」に寄ったのですが、R20笹子TNの入口、急勾配の途中にあるので、駐車場の端では本線との高低差が結構あります。
10224
 まるで国道のスイッチバックにも見えます。鉄道とは違い引上線は存在しませんが。
 そんな最中、BIGなゲストが。
10225
 塗装から元松本電鉄のバスかと予想しましたが、バスに疎い当方。それ以上の事はわからず。帰宅後調べると、いすゞBU10K(1974年式)だそうです。
10226
 バス窓! 後部折戸扉もイイですね。
 長野方面から来たので、どこかのイベントに出掛けるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧