2017年1月 9日 (月)

2017CKC新年会

 今回は16年と同じく近場で1泊2日。
 運転会会場は西武新宿線航空公園駅近くの「所沢電気鉄道」。
 既にHPの「01/08―1~―7」にメンバーの走行車両がUPされています。

 今回、個人のテーマとしては当家から徒歩5分程で隣接する「埼玉県」に縁のある車両。
 【私鉄】
010801010802
 西武は、西武秩父線風に。
010803
 鉄コレ401系も久しぶりに。
010804010805
 東武は、先日竣工したばかりのED5080のみなので、旧国鉄の機関車と共に貨車を牽引。
010806
 東京メトロ、上記2社に乗り入れてますし有楽町線の和光市が該当するので。

 【JR・旧国鉄】
010807010808
 武蔵野線は現役バリバリのこの2列車。
010809
 川越・八高線は現役がないので気動車を。キハ17系と35系が中心。
010810
 でも車庫に並べると房総の気動車たちに。
010811010812
 隣りの副会長も同じ気動車群。でもあちらは高山本線風です。
010813
 これだけでは淋しいので東北本線代表を。
 他にも持参したのですが、未走行列車も。というのは。
 今回、借りたビデオカメラでぶっつけ本番の初撮影をしたのですが、撮影に手間取った上、帰宅後再生したら映像がボロボロだらけ。YouTubeにUPできるかは微妙です。

 いずれどこかでリベンジを想いながら宿へ。
010814
 乾杯~!
010815
 鉄コレ23弾をBOX買いしたメンバーが開封。
010816
 当方は南海購入と熊本を預かり。

 夜も更け翌日は模型店巡り。今年は衝動買いを自粛で、入手は中古雑誌1冊。
 参加された方々も、そうでない方々も、改めて本年も宜しくお願いします(極)・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

KATOキハ20系の棚卸と整備

 35系のついでに並べてみます。
0104101042
 20が5両、25が2両、26が1両の計8両で、動力車が3両あります。
 3両共随分古い動力で、走るものの物凄い爆音。これならトンネル内でもどこにいるかわかるくらい。
01043
 ということで1両は現行動力、以前格安で購入しておいたコチラの出番。
01044
 ボディとガラスを少々加工して完成。
 勿論中間専用です。
 2両は売却・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

KATOキハ40系の棚卸

010301
 35系のついでに並べてみます。
 40(M)、40、47、48の計4両の小所帯。40(M)は単行試運転として、他3両より出番があります。
 問題なのはこの系列はヘッド/テールライトのON/OFFスイッチがないこと。進行方向であればライトが点灯するので、編成の端部に繋げるようにしています。
010302
 なのでこうなっちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

KATOキハ35系の棚卸

 2008年9月に一般色、2009年11月に首都圏色、そして2012年2月にステンレス(銀)35-900と発売とほぼ同時に購入。
010102
 房総地区で活躍し乗車経験もありますが、関西本線などでも見たことがあるので(乗車した記憶は定かではない)、気動車の中でも思い入れの強い系列です。
 このため11両所有していて、特急以外では58系に次ぎ大所帯です。
 さて、普段は他系列と混結してますが、来る新年会&運転会では単一系列で走らせようと考えています。
 そうなると問題なのはヘッド/テールライトとジャンパ栓。中間にくる車両はライトをOFFにするのですが、分解してSWを弄るため面倒。ジャンパ栓は編成端部の車両に取付けるようになるので、現地で慌てないためにも両端の車両を事前に決めておくようにします。
010103
 首都圏色5両。35+30+35(M)+35+36として、35、36を両端に。
010104
 一般色5両+銀。30+35+36+30(M)+36+35(銀)。30、35を両端に。
010105
 でも実際は混色にしちゃうんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

KATOキハ58(M)入手

 東京都心では22日の最高気温が19度、23日が12度。24日の天気予報は雪で日中の気温が4度と急降下の予想。こう寒くなると内燃動車が恋しくなるもので。
11221
 そんなわけで中古店で購入。動作も良く定価の半値近くでした。急行型の動力車は同型の1両があるものの、もう1両あっても使い道はあります。車番は2両共126。いつのロットかわかりませんが、快調に走行すればOKです。
 通路側はNカプラー、運転台側はシンキョーカプラーに交換。
11222
 先日の10両編成から改めて考え、房総半島の急行はこんな感じ。両端TOMIX(手前左と奥右)、中間6両がKATOの8両編成。
11223
 一方こちらはKATOの3両をTOMIXが挟み、キハ26や45も助っ人にした8連「遜色急行」。こちらの方が房総急行っぽいでしょうか。
11224
 この場合、千葉にいなかったキハ65は除外、とはいえ画像以外にも17、20、35系などとも組めますが、編成中にトイレが最低でも1両は欲しいですね。
 奥の52+58は「いすみ鉄道」現行の急行編成だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

近況

 新年会の案内状が届き、工作意欲が少々出てきました。
11190
 先日キハ28、58を出したときに撮影。KATOの一部にシンキョーカプラーを取付け(他はKATOのNカプラー)、TOMIX、KATO混結の急行10連。
11193
 こちらはN化に向けて考え中・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

「神ってる」&改めてTOMIXキハ58&28&65を見る

 アッと驚く出来事が多い2016年ですが、まさか米大統領選挙で「あの爺さん」が勝利するとは。
 そこで一首。

 神ってる
 内村 日ハム 豪栄道
 更に上いく ドナルド トランプ

 内村は五輪体操で大逆転の金メダル
 日ハムは15連勝で制覇
 豪栄道は秋場所で15戦全勝優勝
 そして9日のトランプ・・・

 しかし今年はまだ2ヶ月あるので、何か起こるかも??

 さて、この前、手持ちの4両にインレタを貼った時、気にしていなかったのですが、メンバーの「HG旧製品」の記事を見て、改めて取り出してみました。
111001
 今更でもないのですが、9月に購入したキハ58、28は旧製品の2422、2423。数年前?購入時期不明のキハ58は現行品の8422だったというオチ。現行品と旧製品の比較が出来たのです。
111002
 左が現行品。種別幕がプリズムに貼付済。旧製品は各自シールを切って貼る仕様。
111003
 集電台車が改良され転がりが良くなったようです。
111004
 残りのキハ28、65は
111005
 どちらも旧製品。今まで新旧の違いを知らなかったウチは、無知なのか老化現象なのか。
111006
 で、車番インレタが使い物にならないと記事にあり「ウチのは問題なかった」と思ったら、4両共に現行品8422のインレタを使っていたので知らなかっただけでした。でもウチで数年寝ていたので保管状況がよかったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

KATOキハ58系の棚卸

 先日TOMIXのキハ58系を整備したついでに、KATO製を出してみました。
 手持ちの気動車は旧国鉄ばかりのため、特急以外は実車でも異種連結の走行が日常茶飯事でしたので、保管がいい加減で普段はあちこちバラバラ。
09221
 キハ58×3(うち動力車1両)、キロ28×2、キハ28×3、キロ65×1の計9両。KATOのNカプラーにしています。
09222
 改めて見たら、(上から)キハ28は2148床下黒色、2148灰色、2466灰色
09223
 キロ28は22黒色、34灰色と、製造年の違いで異なる車番が存在しますし、ヘッド/テールライト未装着の車両もあります。
09224
 TOMIX(左)との混結を考慮して、一部シンキョーカプラーに交換。KATO中間封じ込めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

TOMIXキハ58&キハ28購入、整備

 長いこと9月15日は敬老の日という祝日で慣れていたので、平日といわれてもピンときません。暦を見て「19日ね」と確認したりする自分はヘンだったりして。
 さて、所有する気動車は旧国鉄もので占めていて、特急以外は出来る限り房総地区で活躍した車両にしています。急行用は先に発売されたKATO製が主流で、後発のTOMIX製HGはキハ58、65という小世帯でした。
 そんな中、偶然立ち寄った個人店でTOMIX製キハ58、28が格安だったので各1両購入しました。
09151
 画像上の2両で、1代前の品番2422、2423ですがHG仕様です(現行とどこが違うのかな・・・)。
09152
 4両共に車番インレタを貼りました。房総地区でと調べると、パノラミックウインドーは多くが製造された1968年の夏のみの配置という超短期間で、その後全国各地へ転属されました。一時期でも房総に縁のある車番ということで、58-1112、58-1120、28-3002、房総の実績のなかったキハ65は65-30にしました。
09153
 カプラーが台車マウントのKATO(右)と比べると、ボディマウントのTOMIXに軍配が上がるのは今更のことではありません。このため両端をTOMIXにしてKATOは中間封じ込めに対応すべく、KATOの数両をシンキョーカプラーに交換することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

TOMIXキハ26急行色(バス窓、一段窓)購入、整備

012201
 2016CKC新年会の2日目、個人模型店で偶然遭遇して即購入した2両と、以前購入した1両です。
 並べてみると、1段窓車とバス車とで屋根に違いがあるのですね。
 房総地域が気動車王国だった頃、夏季海水浴シーズンは大混雑。各地から出稼ぎ車両が集まり、更には夏前に落成した車両が各地に配属される前にやってくるなど、総動員される様は多彩だったようでした。
 千葉以東で気動車が花盛りだった当方の小学校時代。総武線沿線に住んでいて、旧国72系から101系に替わり、急行は気動車。津田沼まで複々線が完成、房総地区も電化が進み、特急183系、快速113系が新設され、急行も153・165系になっていき、中学時代に気動車は消滅。残念なのが貧乏だったのでカメラが無く写真は皆無。激動の房総地区を見てきただけに心残りです。
 それでもキハ10系、35系で入る時に少々高いステップがあったり、薄暗かった車内などは体が覚えているかもしれません。一番覚えているのは光り輝く「銀一色」のキハ35の900番台かな。
 そんな幼少の記憶をたどりながら模型を増備。一般車でいうと古くはKATOのキハ20系、28/58系だけの頃から、40系、TOMIXから17系、26/55系、KATOから30/35系と、随分変わりましたが、種類は多彩でも在庫切れで入手困難なのが多いです。
 TOMIXから「26/55系初期急行色」が発売されますが、記憶にないので購入は迷うところです。

 車番は、いつも参考にしている「気動車履歴書庫」で検討。
 以前購入した26-107は、1963年度館山~69年度途中まで千葉に配置。これを基にして、
 26-22は1969年夏に千葉へ出稼ぎ配置(千葉に配置された0番台は夏場の出稼ぎだったようです)。
 26-214は60年夏の製造時から70年夏まで千葉に配置。
 3両が同時期(69年夏)房総を走っていたように選定しました。
 付属品を取付け。
012202
 以前107を整備した際は信号炎管とトイレ流し管のみでしたが、今回さらに台車排除器を取付け。
 因みにTOMIXから近日発売の初期急行色(品番8471)の見本は同じ車番です。
012204
 214は107と同様に取付け。
012203
 美濃から出稼ぎ配置の22はスノープロウも取付けました。
012205
 以上3両編成・・・非動力車なので実際には他形式との混結編成で、急行から普通までの活躍になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)