« KATO キハ30系に室内灯―1 | トップページ | 運転会準備 »

2019年5月14日 (火)

KATO 115系旧製品に室内灯―1

051301
 単品販売された旧製品。手持ち8両の中から6両編成に組込みます。

051302
 台車がビス止め仕様なら、集電が簡単だろうと選び、その通りだったのですが、「プラ板を乗せる支柱がない!」というオチが。
051303
 座席を塗装しながら検討した結果、中間車は車端部に角棒を付け、LEDが乗るプラ板を垂直に曲げて座席後ろと角棒の間に入れる。
051304
 集電側は仕切板の上に角棒で嵩上げ。
051305
 窓や座席があり厳しい配置です。
051306
 先頭車の運転席側は、灰色カバーの上にとか検討したのですが上手くいかず、結局通路に角棒を重ねました。
051307
051308
051310
 動力車はキハ58同様、座席下に差し込む細長い銅板をハの字に曲げダイオードに直接半田付け。銅板は両方を少しずつ差し込みました。
051312
 点灯~♪
 角棒が目立ちますが、このくらい離れれば大丈夫。見えないことにして終了です(続く)。

 

|

« KATO キハ30系に室内灯―1 | トップページ | 運転会準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KATO キハ30系に室内灯―1 | トップページ | 運転会準備 »