« 第24回鉄道フェスティバルに何を期待するか | トップページ | 阪急5300系のN化―7 »

2017年9月 1日 (金)

カールは軽いか重たいか

 日本人なら誰もが知っているといっても過言ではない明治製菓の主力商品である「カール」。滋賀県・京都府・奈良県・和歌山県以西では継続されるものの、以東の製造販売は8月で終了。今年5月の発表から3ヶ月、いつの間にか店頭からも消えていったので自然に忘れたのですが、近所の店で偶然発見。記憶が蘇り1つ購入。東日本での最後の晩餐になるでしょう。 商品自体もさることながら、「カールおじさん」のTVCMに魅せられた方も多かったと思います。
090101
 最盛期の1/3まで落ち込んだ(といわれる)かつての主力商品を終了させたメーカーの英断は重たかったと思います。
 多様化で終焉を迎える商品、多くは人知れず世から消えていく中、惜しまれつつ最後を迎えるのは、ある意味幸せです。
 年に数回は大津に行く知人がいるので、どうしても、どうしても食べたければ頼むことにします。
 (注)そこまで拘りはありません。

|

« 第24回鉄道フェスティバルに何を期待するか | トップページ | 阪急5300系のN化―7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/65734712

この記事へのトラックバック一覧です: カールは軽いか重たいか:

« 第24回鉄道フェスティバルに何を期待するか | トップページ | 阪急5300系のN化―7 »