« 北陸新幹線からE2系引退 | トップページ | 鉄コレ「クハ55半流一般色」―2 »

2017年2月21日 (火)

2017年JRダイヤ改正―山陽新幹線「こだま」のその後

040413
 間もなくJRグループ各社ダイヤ改正になりますが、2015年に取り上げた「山陽新幹線こだま」もダイヤ改正されます。
 今回の改正では山陽新幹線が「アナログATC」から「デジタルATC」に切り替わり、これによりスピードアップが図られるそうです。

 2015年のダイヤ改正では「博多を出発した「こだま」が新大阪に到着する前に、後から博多を出発した「のぞみ」が先に東京に到着する」珍現象が起きました。2017年の改正でどうなったか検証します。

 では改正前後の比較。731A=こだま731号、#=5時間超の列車です(資料はJRおでかけネットより)。

<下り>
【2017年3月ダイヤ改正前】   【2017年3月ダイヤ改正後】
列番 新大阪→博多 所要時間  列番 新大阪→博多 所要時間 差(分) 仕様
731A   659  1148   4h49m    731A   659  1119   4h20m    -29  500系
733A   739  1224   4h45m    733A   739  1219   4h40m    - 5  700系
737A   935  1407   4h32m    737A   935  1415   4h40m    + 8  700系
739A  1032  1507   4h35m    739A  1029  1440   4h11m    -24  700系
741A  1132  1607   4h35m    741A  1129  1539   4h10m    -25  500系
753A  1632  2145 # 5h13m   753A  1629  2114   4h45m    -28  500系
755A  1736  2245 # 5h09m    755A  1732  2238 # 5h06m    - 3  500系
757A  1832  2322   4h50m    757A  1829  2322   4h53m    + 3  500系

 今回は頑張りました。 平均13分弱の短縮で、731Aは最大29分もの短縮!! 最速は741A、退避が多い時間帯でしょうが、4時間10分を記録。一方鈍足は755Aの5時間6分で、その差は56分ってこれも凄い!!

<上り>
【2017年3月ダイヤ改正前】   【2017年3月ダイヤ改正後】
列番 博多→新大阪 所要時間  列番 博多→新大阪 所要時間 差(分) 仕様
730A   636  1114   4h38m    730A   640  1114   4h38m    ± 0  500系
740A  1058  1614 # 5h16m    740A  1105  1614 # 5h09m    - 7  500系
742A  1154  1714 # 5h20m    742A  1200  1714 # 5h14m    - 6  500系
744A  1258  1814 # 5h16m    744A  1304  1814 # 5h10m    - 6  700系
746A  1358  1914 # 5h16m    746A  1400  1914 # 5h14m    - 2  700系
748A  1458  2005 # 5h07m    748A  1505  2014 # 5h09m    + 2  700系
752A  1621  2114   4h53m    752A  1624  2114   4h50m    - 3  700系
754A  1657  2208 # 5h11m    754A  1704  2210 # 5h06m    - 5  700系
758A  1757  2238   4h41m    758A  1802  2238   4h36m    - 5  700系
762A  1908  2318   4h10m    762A  1918  2318   4h00m    -10  500系

 前回5時間超を連発したダイヤは僅かながら短縮(平均4分)。5時間の壁を破る列車が少ない中、最終762Aが4時間ジャストを記録。夢の3時間台に王手!! 東京-博多を4時間49分で走破した当時の「最短所要時間記録保持者」500系をここに持ってきた意義があります(?)

 そして「珍現象」は・・・

<下り>
列番 新大阪→博多   列番  東京→博多
755A  1732  2238    195A  1740  2252

 改定後も同様に珍現象は起きず、後から東京を出発した「のぞみ」より辛うじて博多に先着していました(参考:55A東京1730→博多2233)。一方の上り。

<上り>
列番 博多→新大阪   列番  博多→東京
740A  1105  1614     24A  1110  1613
742A  1200  1714     28A  1210  1713
744A  1304  1814     32A  1310  1813
746A  1400  1914     36A  1410  1913
748A  1505  2014     42A  1510  2013

 こだまは頑張ったのですが、のぞみも6分短縮したので、前回同様、僅か「1分差」ですが、のぞみが東京に早着。なお5時間超の754Aはセーフでした。 以上、ダイヤ改正で発見したネタでした。

|

« 北陸新幹線からE2系引退 | トップページ | 鉄コレ「クハ55半流一般色」―2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/64913774

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年JRダイヤ改正―山陽新幹線「こだま」のその後:

« 北陸新幹線からE2系引退 | トップページ | 鉄コレ「クハ55半流一般色」―2 »