« 長野往還2016 | トップページ | 阪急5300系のN化―2 »

2016年10月11日 (火)

阪急5300系のN化―1

101101
 原形、表示幕改造車を各2箱、N化部品と合わせて購入しています。
 実車は7、8両編成ですが、手持ちの阪急車を4両編成で揃えているので、今回も4両ずつです。
 また、屋根パーツが付属されているので、型式がいろいろ出来る上、実車が表示幕車体に原形屋根という組み合わせで、それも統一されていない編成もあり、一筋縄ではいきません。
 ということで、原形、表示幕と区分せず、8両纏めて進めることにしました。

 それでどうするかというと、
(1)原形・表示幕各4連が組める
(2)実車の8連に近い編成が組める
(3)手持ちの車番インレタを有効活用する(といっても継ぎ足すが)

 以上の条件で検討の結果、5308Fを目標にしました(原/幕:原形/表示幕、3/4:クーラー数)。

【←梅田】5308(幕/4)―5408(原/4)+ 5309(幕/4)―5809(3)―5859(4)―5869(4)―5909(3)―5409(幕/4)【河原町→】

 通路扉の窓の大きさがバラバラなのと、中間に入っている5309運転台が原形仕様になるのを妥協すれば成立する編成です。
101102
 とにかく1両分解。今までぴったりと嵌まっていて外すのに苦労した窓ガラスが、今回は外しやすかったです。
101103
 運転台窓と前照灯が一体パーツになっているので、5100の前照灯紛失といった苦労話はありません(続く)。

|

« 長野往還2016 | トップページ | 阪急5300系のN化―2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/64327569

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急5300系のN化―1:

« 長野往還2016 | トップページ | 阪急5300系のN化―2 »