« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

奥多摩湖

07301
 1年ぶりに行ってきました。
 今年は水不足と言われてますが、貯水率は約70%のようです(都水道局HPより)。
07132
 1年前はこうでした。
07302
 今年との比較(青線が1年前)
 やはり少ないです。節水節水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

葛西臨海公園

07291
 江戸川区最南端の駅。幼少から今の場所に引っ越す前まで江戸川区北部の住人でしたが、区内で一番縁のなかった駅です。
 勢いのよい噴水で、風に流されミストになり、ちょっとした暑さ対策になりますが、水源地のダムの貯水率が下がり給水制限となれば、この噴水も休業になるのでしょうね。
07293
 駅前に派手な「7」装飾のバスが待機。
07292
 こっちに来ました。
 乗り場に行くと
07294
 小岩・亀有やTDLへ行く「シャトルセブン」・・・7は「環七」ってことですね。それにしても停留所が少ない。
 江戸川区にいた頃は、南北を結ぶバス路線は不便で、葛西や葛西臨海公園へは総武線で西船橋乗換で東西線や京葉線というルートだったので、この「セブン」があったら便利だったのにと、思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

今更ながらBトレ小田急7000形LSEの整備

 Bトレといえば、その存在を良く知らず(今でもよくわかりませんが)、2006年のCKCの新年会ネタで西武E851を製作した程度でした。
 同年夏にLSE新旧塗装仕様が発売され、各2箱を偶然購入(多分衝動買い)、N化しました。
07260007260Dscn8006
 衝動買いした割には、運転会(オフ会)にある意味ネタとして登場させていて、直近の腰越でも走らせました。
07261
 今回改めて保守。保管していた付属品を出して。
07262
 今までは床下は透け透けでしたが、床下機器を嵌めました。
07263
 1箱3両セットで、実車とおりの11両にせず、割り切って7両編成に仕立てています。
 中間の4両目は余剰パーツの組み合わせで、窓はプラパンを現物合わせで嵌めています。
07264
 新塗装編成は、動力2両のうち1両が不調のため、購入した動力に交換。
07265
 先頭車用の床下機器は中間4両目に嵌めたので、動力が入っている先頭車は透け透けです。
07266
 愛称幕も貼りました。
0726707268
 保管はこのように3箱に分けてます。
 そういえば今秋、旧塗装仕様がリニューアル発売されるそうですが、どうせ買うなら10000形HiSE・・・市場には無いようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

追悼 大橋巨泉さん

 既にご存じのとおり7月12日、82歳で死去されました。誰もが1つずつ年を取るとそっちの方に近づいていきますが、ある時から身につまされてくるそうです。ぼちぼち三途の川からお誘いが」って冗談でなくシミジミ言うようになると周囲が気を付けたほうがいいと思います。
 7月7日に亡くなった永六輔さん同様、日本の戦後、高度経済成長期の放送業界の「バラエティ番組」を支えた、世間を楽しませてくれた1人といえるでしょう。自由奔放・我儘でありながら、放送作家・プロデュース・司会と、自分の番組には高いポリシーを持っていて、いずれも人気番組にする責任感をもっていたといわれています。
 また、競馬・麻雀・外国通(ジャズ音楽)を、日本語を話せる外国人をTVに取り込んだ功績も大きかったと思います。
 違和感があったのは「参議院議員」自由奔放にはいかず半年で引退。セミリタイアなんていうのもありました。後年は時々TVラジオに出て「世間に訴え」ていて、最期は反戦を中心に、多くを訴えたかったのではないかと思います。
 訃報のニュースでは肩書きを「タレント」と称されていましたが、こうしてみると「タレント」枠を超越した生き方は真似出来ないでしょう。
 改めてご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

長野県の菅平はスガスガし・・・くない

081601
 昨年は8月13日という帰省ラッシュ時の真っただ中に仕事を強行したため、上の画像のように往路下りが大渋滞でしたが、今年は海の日の18日にしたので高速道路は順調♪
081605
 昨年はこんな画像で不明だった車輪(当時のコメントで明らかになっています)も
0720207201
 今年は正面から。
「この車輪は国鉄ラグビー全国大会10周年記念(於菅平)として昭和58年11月日本国有鉄道大井工場から車輪高崎鉄道管理局から枕木とレールを寄贈されたものである」
 往路は楽勝でしたが、帰路は・・・
07203
 突然の大渋滞。
07204
 車5台の事故。発生直後だけあって5km渋滞通過に2時間!! 途中ICが無い(=迂回出来ない)と2時間は苦痛。。。

 菅平の仕事は鬼門です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

2016CKCモジュオフに参加―4

071801
 そうそう、動画撮影していました。
 「厨浜電鉄レイアウト」と「江ノ電風?レイアウト」に、宿と同じ神奈川県を走る、箱根登山や小田急LSE・・・ということで、BGMは「フニクリフニクラ」にしました(携帯はコチラから)。


 改めて見ると、ミニレイアウトいいなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

2016CKCモジュオフに参加―3

 今回のオフ会における「妙な画像」から
071101
 今回の宿の「かきや旅館」の目の前の江ノ電の併用区間。
071702
 「黄色い枠」で囲まれた部分
071703
 拡大するとこんな感じ。
 線路以外は点検蓋のように見え、線路下に何か隠しているように見えます。因みにオフ会参加者で知る人はいませんでした。
071704
 その後、車に同乗させてもらい三浦半島をぐるっと廻り
071705
 懐かしき京急601号や
071706
 謎の海軍引込線跡や
071707
 平面交差跡や
071708
 JR田浦駅では妙なリフト?
071709
 ゴンドラ?
071710
 それともエスカー?
071711
 幹事やモジュを持参された方、三浦半島を運転・案内してくれた方、その他参加メンバーの皆さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

2016CKCモジュオフに参加―2

071201
 参加メンバーのブログの通り、今回のオフ会は「ミニレイアウト&江ノ電の実車」で。
071203_2
 ただでさえ混み合う併用区間なのに、祭礼が重なるハプニング。
 激しかった雨も夕方までには上がり、
071204
 神輿に踊りにお囃子に・・・
071205
 やれやれ、落ち着いたと思いきや
071206
 夜は山車が登場
071207
 今宵は多く回しています。
071209071210
 えっ、あわや架線に!!

 翌朝
071211
 人や車が皆無の状態は少なく
071212
 初電から4連と思えば
071213
 日中は見ることのない2連も
071214
 昨日に続き、山車が登場・・・明らかに架線より上でしょ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

追悼 永六輔さん

 既にご存じのとおり7月7日、83歳で死去されました。誰もが1つずつ年を取るとそっちの方に近づいていきますが、ある時から身につまされてくるそうです。「ぼちぼち三途の川からお誘いが」って冗談でなくシミジミ言うようになると周囲が気を付けたほうがいいと思います。
 NHKでTVの本放送創成期から携わり、放送作家、旅行作家、芸人として、長く携わっていたTBSのラジオ番組では亡くなる1ヶ月前までメッセージを発していました。
 ラジオ番組に葉書を投稿すると、何百通でも必ず自筆で返事を出すという律儀な人で、当方も永さんからの葉書が・・・どこかにあるはずです。
 また「遠くへ行きたい」「こんにちは赤ちゃん」「上を向いて歩こう」など時代を越えて歌い継がれる名曲の作詞家でもあり、影響を受けた人も多いと思います。
 晩年はパーキンソン病を発し骨折で車椅子生活を送るなど、それでもある時は病室から、ある時は車椅子を押してもらってでもラジオにギリギリまで出演、ロレツは廻らず滑舌も悪く途中で無口になる、聴いている方が何か辛くなったこともありました。
 長い闘病生活を経てテレビ朝日系「徹子の部屋」、NHKTVの特番に出演した時、久しぶりの容姿に唖然とした方もいたと思います。
 それでも小沢昭一さんとの約束「最期までマイクにしゃべり続ける」があったので、時間があれば聴いていました。
 他に「男のおばさん」とかありますが、この辺にしておいて。
 改めてご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

2016CKCモジュオフに参加―1

071101
 例年の6月開催から今年は7月にミニレイアウト(TOMIXの曲線C140が使われている)のオフ会、江ノ電の併用区間の腰越の宿「かきや旅館」が会場です。
071102071103
 複数のモジュールを車に乗せていたのと異なり、今回は車両ケース2つという超軽量の荷物。モジュールを持参してくれた方々、有難うございます。
071104
 乾杯~!!
071105
 連結器の加工が間に合った「鉄コレ箱根登山鉄道」。目立った浮き上がりもなく順調でした。
071106
 お供に持参したBトレ「小田急LSE」7連。
071107
 「箱根湯本」風で
071108
 久しぶりの登場も問題なく走行。
071109
 「上田丸子電鉄」いろいろ
071110
 骨董級の「ED11」+2軸貨車。
 以上が持参した車両達でした(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

最近の妙な画像から

07101
 ある団地の入口です。
07102
 別の入口は
 保守時にでも天地逆にしてしまったのでしょうが、管理組合などにクレームが出ないのでしょうか。
 まさか誰も気づいていないとか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

鉄コレ箱根登山鉄道モハ1形、3形のN化「水タンクを外さず連結器を付ける」―4

 モハ3形と同じく、107号車の運転台側の連結器を加工しました。
 なお非運転台側は103号車と固定連結のため、鉄コレ動力付属のカプラーポケットにKATO密連を嵌めています。
070801
 モハ1形、モハ3形の合計4両。3両が今回加工したTNカプラー、103号車は製品のダミーカプラー、反対側はダミーとKATO密連です。

 これら4両の楽しみ方は(+:TNカプラー、=:KATO密連カプラー)。
070802
 113(M)+113(T)の2連(奥)、103(T)=107(M)の2連
070803
 103(T)=107(M)+113(T)の3連(奥)、113(M)の単行
070804
 TNとKATO密連との連結間隔はほぼ一緒。
070805070806
 C140に乗せてもほぼ一緒です。

 動画です(携帯はコチラから)。
 微妙に浮きますが、最初(試験走行1)より格段に改善されました。
070807
 以上・・・紆余曲折しながら「懸案の連結器を解決」したかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

鉄コレ箱根登山鉄道モハ3形のN化「水タンクを外さず連結器を付ける」―3

 どんな曲線でも浮き上がるのかといえば、手持の線路ではKATOのR216では浮き上がらず、その次に半径の小さいTOMIXのC140では浮き上がります。
070701
 連結器部分を動かしていて気付きました。曲線を通過しているように両方を大きく曲げたら、カプラーが外側に傾くのです。
070702
 正面から見るとカプラーを右に曲げる(黒矢印)と左に傾き(極端ですがこんなイメージ)ます。
 曲線通過時のように両方のカプラーとも曲げると、カプラーは同じように外側に傾き、均衡がとれ、車体は傾くことがありません。
 しかし曲線上と直線上に1両ずついる場合、片方しかカプラーが曲がらず、外側に傾くカプラーと正位置のカプラーが繋がることになります。このため傾いたカプラーの車体の外側が浮き上がることがわかりました。
 傾くカプラーの原因は不明ですが、傾いたカプラーは車体を浮かすほどの大きい力です。この状態でカプラーに何故か「遊び」が無いこともわかります。
070703
 ということで、まずはカプラー内部をくり抜き、空間を広くしました。
070704
 しかしこれだけでは解消せず、カプラーのミミ部分を、ポケットから外れない程度までカット。
070705
 まだ微妙に浮いたりしますが「ほぼ解消」。原因不明のままで今一つ納得できませんが。
070706
 水タンクに嵌めたポケットは両面テープで固定。充分動きません。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

鉄コレ箱根登山鉄道モハ3形のN化「水タンクを外さず連結器を付ける」―2

 C140曲線に乗せて試験走行です(携帯はコチラから)。

 直線から曲線にかかると、浮き上がるのです。
070601
 その瞬間です。
 浮いたトレーラーは曲線、右の動力車は直線にいます。
070602
 ところが動力車も曲線部分に入ると、元に戻ります。
070603
 反対向きにすると(右がトレーラー)・・・
070604
 必ず曲線の外側の車輪が浮きます。
070607
 台車とカプラーポケットは干渉しないので、
070605
 バラして連結器部分を取り出します。
070606
 軽く動くのですが・・・(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

鉄コレ箱根登山鉄道モハ3形のN化「水タンクを外さず連結器を付ける」―1

070501
 上田丸子電鉄5250形と共に、13年4月に発売された第17弾に含まれていました。手元に2両あり、うち1両は動力化しているので2両編成で楽しめます。
 両運転台の車両なので、単行でも2連でも楽しみたいのですが、連結器を付けるとなると水タンクパーツを外すことになり、懸案事項でした。
070502
 製品のまま(左)、水タンクを外し、鉄コレN化パーツのカプラーポケットにKATO密連器を付けた状態(右)を比較すると、水タンクは外したくないです。
 妙案がないまま約3年。。。

 棚から久しぶり出して試行錯誤していたら、偶然イイものが。
070503
 TOMIXキハ181やスハネフ14など、BMTN化で不要となった連結器部分。
 このカプラーポケットが水タンクパーツにピッタリ収まるのを発見。
 ポケットに収めたカプラーのみが振れれば解決!!!と考えたのです。
070504
 KATOの密連器の首振りはこの程度。しかも少々固い。
070505
 ということでTOMIXの台車マウントのTNカプラーを購入。余談ですが、TOMIXのこの連結器は初購入で、最初の1コを組立てるのに時間を要したのはここだけの話。24コのうち今回は3コ使う予定なので、余りはアーノルド連結器のTOMIXの電車にボチボチ交換していくつもりです。
070506
 TOMIXの密連器の首振り。KATOより振れ幅が大きく軽く回るのでこちらを採用。ポケットは赤い矢印でカットします。
070507
 下回りに水タンクを嵌めてからポケットを入れるとジャストフィットします。
070508_2
 動力車も同じ要領で入れます。
 車体を乗せると水タンク、ポケット共に外に飛び出さないのも素晴らしく、力を加えなければ両面テープで留める程度で充分です。
070509
 組立完了。107(右)は製品のまま(ダミーカプラー)です。
070510
 ダミーよりひと回り大きいですが、でもこんなもんでしょう。
070511
 連結~
070512
 下から見ると
070513070514
 C140曲線に乗せて・・・イイ感じですが、この先、紆余曲線・・・いや紆余曲折するとは(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

山梨で山桃を

 ということで、まずは武田(信玄)神社・・・の撮影を忘れたので、
070401070402
 地元山梨交通。大都市では見るこのとない一時代前のバスです。
070403
 その後、桃狩りへ。
070404
 熟れた桃を食べ放題。

 いい汗をかいたので温泉へ。
070405_2
 どこか変な温泉マークです。
070406
 雄タヌキがお出迎え。
070407
 フルーツ温泉というだけあって、どこからともなく甘〜い香りが漂ってきます。
070408070409
 デッキや露天風呂から富士山も見える景色は平成百景認定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

最近の妙な画像から

 3日、JNMAに行こうとしたのですが、お仕事にで~す。と業務連絡は終えて。
07021
 随分前に発売されたトラックコレクション第5弾の「馬匹運搬車」。 車に揺られるのでお馬さんも疲れるでしょう。
07022
 今更知ったのですが、後部リフトが可動するんですね。

07023
 さて先日、渋滞の中で前の車を見ると・・・
07024
 拡大~。

 軽自動車に競走馬って!? 狭い空間でストレスどころではなかろうか!? 走行中に暴れたらハンドル取られるんじゃ!? タフな軽自動車だと想像したのは誤りでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »