« 続・改めて大宮 | トップページ | 成田空港・・・どうにかナリタ »

2016年3月14日 (月)

あれから5年

 「もう」「まだ」「ようやく」東日本大震災から5年。避難生活が続く、復興が見えていない、歯がゆさもあります。
 しかし普段から目の当たりにしていないと、忘れてしまいがち。この1ヶ月1週間のマスコミ報道ではと思い、動画サイトで当日のTV映像をいろいろ見て当時を思い起こしていました。
 あの時は会社に戻った後、帰宅は無理と会社に残り、翌朝までTVを見続けていて、仕事に出掛けるのがしんどかった、それより渋滞で車が動かず、1時間で行くところが半日かかったとか、その日の帰宅は最終(に近い?)電車だったとか、翌日から計画停電のため鉄道が運休したり間引き運転したとか、この日を境に激務が始まり体調が悪化していったとか、その影響で直接の被害は無くても現在は全く違う生活になった等、改めて思ったのです。
 「地獄」や「僅かな天国」を見たり体感しながら、「もがいた5年」「がむしゃらに歩んだ5年」「歯がゆい5年」などとも思うのです。
 先月だったかな、巨大スペースでドミノ倒しのギネス挑戦という昔の映像をTVでやっていて、いろいろ配置してアートを表現しながら倒していく懐かしい内容。しかしドミノは途中で倒れなくなり終了したんです。
 今、各地で復興、廃炉作業は続いています。しかし地域で進捗状況に開きが出ているそうで、計画の見直している現場もあるそうで、また汚染された廃棄物の処理は進まず、多くは一時保管された状況が続いている様子を見ると、途中終了したドミノ倒しと似てると思ったのです。
 10年後「どんな」10年と表現されるのでしょうか。これから新たな、そして継続する5年(いやそれ以上の年月)が始まります。
07010807051502153
 最後に当時の画像から、計画停電により4両編成に短縮された京浜急行のエアポート急行(横浜)と、「上を向いてがんばろ日本」東武鉄道スペーシア(春日部)、「がんばろう日本!がんばろう東北!」新幹線E2系(東京)。

|

« 続・改めて大宮 | トップページ | 成田空港・・・どうにかナリタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/63340949

この記事へのトラックバック一覧です: あれから5年:

« 続・改めて大宮 | トップページ | 成田空港・・・どうにかナリタ »