« 京王線東府中で | トップページ | 車両ケース―上田丸子電鉄用16両入り »

2016年2月16日 (火)

その後の、船の科学館

021601
 東京の台場地区で古くからある施設ですが、あの日以来、人の気配がありません(まばら程度)。
021602021603021600
 中は閑散どころか、トイレ以外閉鎖されています。
021604
 で、開館しているのは別館と宗谷丸。
021605
 左隣に青函連絡船羊蹄丸が停泊していたんだよなぁ(前回訪問時の記事はコチラ)。
081402
 その時の様子、懐かしい。
021608
 淋しいばかりで、盛り上げてくれたのはラッピングバス、といっても乗客はいませんでした。
021612
 時間があったので隣りの係留地へ。
021613
 「待て~ルパン!!」って?
021610
 昼食はダイバーシティへ・・・長蛇の列?
021609
 その先は青と黄の服を着ている人ばかりが何か動いていました。
021611
 見世物小屋も登場。
 一体何の催し物だったのか。興味ないし仕事だし疲れたし。ゆりかもめの撮影もせずに帰りました。

|

« 京王線東府中で | トップページ | 車両ケース―上田丸子電鉄用16両入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/63212384

この記事へのトラックバック一覧です: その後の、船の科学館:

« 京王線東府中で | トップページ | 車両ケース―上田丸子電鉄用16両入り »