« 国鉄色381系定期運転終了 | トップページ | 夜祭り前の秩父 »

2015年11月11日 (水)

阪急2300系板車のN化―3

111001
 3000系に続き車番と社章のインレタ貼付ですが、車番は3000とは異なり継足していくので、難航が予想されます。
 汎用インレタ(品番E110)は2文字ずつの構成が多いので、2文字+2文字の継足しになります。
 しかし、今回以降必要な数字は「23**」が20個と圧倒的に多く、収録数4では遥かに足りません(先頭車は3個、中間車は2個必要)。
 1文字+1文字+2文字とか細切れになればリスクは大きくなります。
 ここで3000系の残りの車番から3文字使えないかと調べたところ、
 3030→2+303→2303
 3031→2+303→2303
 3531→2+353→2353
 が成立することが判明。
 ということで板車の車番は2303F=2303、2353、2304、2354にします。
 最初に303が多い2303。1番目立つ先頭部分から。
111002
 303を貼り
111003
 2・・・3が剥がれた! 全体に左寄りだし、やり直し
111004
 剥がして
111005
 今度は2を先に
111006
 303を貼り
111007
 まだ左寄りですが、妥協しました。
111008111009
 側面は303を先に貼りましたが、度重なるやり直し。こんなものでしょうか。
 1文字+3文字でかなり時間を費やしたので、1両で終了。
 1文字+1文字+2文字になると集中力が持つか、インレタが足りるか心配になります。

|

« 国鉄色381系定期運転終了 | トップページ | 夜祭り前の秩父 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/62636977

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急2300系板車のN化―3:

« 国鉄色381系定期運転終了 | トップページ | 夜祭り前の秩父 »