« 阪急5100系原形のN化―1 | トップページ | 防衛省航空自衛隊市ヶ谷基地 »

2015年10月24日 (土)

阪急5100系原形のN化―2

 窓枠の銀色差しが乾くまでに屋根交換、アンテナ、金属車輪、板鉛、カプラー密連化を施します。
1101110241
 動力ユニット付属の台車枠はグレー(右)で、製品のブルーグレー(上)と異なるので、TM-12(旧製品)のブルーグレー(左)を使います。
10242
 5100偶数Mc梅田方。パンタグラフはPT4811です。
10243
 5650T動力車。リニューアル車の動力は宝塚方ですが、こちらは梅田方にしています。
10244
 5650T。実車を参考に床下機器の入替も検討課題です。
10245
 5100奇数M'c宝塚方。カプラースペーサーを入れて全体の連結間隔を合わせています。
 この先まだ工程がありますが、ひとまずここまで。
10246
 そして、コレをどうするかです・・・。

|

« 阪急5100系原形のN化―1 | トップページ | 防衛省航空自衛隊市ヶ谷基地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/62535618

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急5100系原形のN化―2:

« 阪急5100系原形のN化―1 | トップページ | 防衛省航空自衛隊市ヶ谷基地 »