« 最近の妙な画像から | トップページ | GM近鉄12200系更新車購入 »

2015年9月15日 (火)

江ノ電の勝手踏切

 たまに(忘れた頃に?)メディアに登場する言葉(俗語?)で、京阪やJR宇治線で事故があると、廃止か存続でニュースになるようです。
 勝手踏切とは、「踏切のようで踏切でない。遮断機も警報器もなければ、踏み板すらなく、住民らが線路の敷石に足を取られながらも恐る恐る横断する。これは『勝手踏切』と呼ばれる“非正規の踏切”だ」(産経新聞より)
 生活道路として欠かせないが踏切ではない「事実上の踏切」で、鉄道会社未認定なので設備など何もないです。

091501
 さて、本題。
 先日、鎌倉~長谷大仏に行き、江ノ電長谷駅で僅かな時間撮影。
091502
 これが「勝手踏切」のひとつです。
 全長10㎞の江ノ電には100か所の勝手踏切があるそうです(同上産経新聞より)運転席のすぐ後ろでかぶりついて数えたのでしょうか。
091503
 「♪玄関開けたら勝手踏切」どこかのCMみたいです。
091504
 渡らないと食事が出来ません。
091505
 見通しも悪い線形が多く、路面区間もあるので、ハードルが高そうな運転技術。
091506
 江ノ電を見る限り共存共栄していそうですが、くれぐれも事故のないことを願います。

|

« 最近の妙な画像から | トップページ | GM近鉄12200系更新車購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/62268619

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電の勝手踏切:

« 最近の妙な画像から | トップページ | GM近鉄12200系更新車購入 »