« 東京メトロ7000系ほか | トップページ | 横浜行脚1―それは預かり品から始まった »

2015年8月16日 (日)

長野県の菅平はスガスガしい

 帰省ラッシュ下りのピークの13日、仕事で所沢から関越道へ。
081601
 「川越70分、鶴ヶ島90分、藤岡2時間以上」
 流れているようですが
081602
 三芳PA手前でorz
081603
 上信越道に入り、横川を過ぎると今度は濃霧orz
081604
 到着
081606
 どのホテル・ペンションも繁忙期。このホテルでは中古の京王バスが送迎に大忙しでした。
 標高700mは昼間暑くても夜間は涼しく、よく眠れますが、残念ながら当方は日帰りorz
 夏は合宿地・避暑地として、冬はスキー・スケートとして有名ですが、歴史は古く、Wikipediaによると1927年「日本のダボス」、1959年「日本のシュバルツバルト」と呼ばれていたんですって。
081605
 ラグビーボールのモニュメントが合宿歴史の古さの証です。後で気づいたのですが横には何故か車輪が。まさか上田交通真田傍陽線の・・・!?

|

« 東京メトロ7000系ほか | トップページ | 横浜行脚1―それは預かり品から始まった »

コメント

マイアミ先生
ご指摘有難うございます。
「国鉄じゃなかったんだ・・・少々残念」
尚、「菅平 車輪」で検索すると他にも見つかりました。

投稿: 赤緑 | 2015年8月16日 (日) 16時57分

菅平の車輪について某丼門ブログに記事があります→http://train.ap.teacup.com/yoshihiro/1175.html

投稿: マイアミ某先生 | 2015年8月16日 (日) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/62081856

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県の菅平はスガスガしい:

« 東京メトロ7000系ほか | トップページ | 横浜行脚1―それは預かり品から始まった »