« 横浜行脚1―それは預かり品から始まった | トップページ | 横浜行脚3―7社乱舞のハズ »

2015年8月18日 (火)

横浜行脚2―それは電車に乗る時から案じていた

 自宅の最寄駅から待避線を見たら向こうから赤い電車が
081801
 この並びが予言めいていたとは・・・後でわかります。

 横浜の手前、妙蓮寺でしばし撮影。
081802081803081804081805
 最初に見たためかここでも東急5000、4000の連続
081806
 やっと違うのが来た・・・営団7000
081807
081808
 やっと違うのが来た・・・西武6000。地元で決して見ることの出来ない「特急」

 この後、横浜で忘れ物を返却し、京急ホームへ
081809
 本日休業???
 保安装置故障で「ドル箱かつ見栄張る高速区間」川崎―横浜間が運転見合わせとのこと
081810
 上りは「横浜」止まり
081811
 快特も
081812
 普通も
 撮影ありませんが折返し下りは「特急」「普通」が交互に発車。これが世にいう「逝ってけダイヤ」でしょうか。
 これは最初に見た赤い電車の予言だった?

|

« 横浜行脚1―それは預かり品から始まった | トップページ | 横浜行脚3―7社乱舞のハズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/62082405

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜行脚2―それは電車に乗る時から案じていた:

« 横浜行脚1―それは預かり品から始まった | トップページ | 横浜行脚3―7社乱舞のハズ »