« 新幹線鉄道開業50周年記念百円貨幣 | トップページ | 選挙開票作業 »

2015年4月25日 (土)

TOMIX14系寝台客車2―信州やら九州やら試行錯誤の台車改修

 (―1から)信州や九州に限らず、4月の天候は全国的に悪く日照時間が少ないようで、農作物の生育に悪影響を与え、生鮮品の高騰が懸念されます。
 そういうことではなく、長い眠りにつきそうなTOMIX14系。寝台客車なので快適な眠りはいいのですが、課題山積で夜明けが遠そうです。
 期を同じにしてTOMIXトワイライトをフル編成購入した我らが副会長。車輪の転がりが悪い旨をブログに記していますが、そこに出てきた「新集電」というお言葉。
 「新集電があるのなら旧集電もあるはず」とか思いながらも睡魔に襲われながら記事を読みつつも理解不能。
 そのうち「電」が抜けて信州やら九州やら・・・何のコトかわからず翌朝の寝起きはスッキリせず。
 副会長は
「カネにモノいわせて台車ごと全交換」か
「集電板を外して他社車輪に換装」か試行錯誤のようですが、当方も似たりよったり。

042500042501
 さて本題です。

042503
 純正のままリレーラーから転がすと、リレーラーから脱出できない車両も!?
 当方の14系も転がりが悪いです。

042504
!!

 オロネ14が絶好調??
042505
 1両だけBMTN対応の床板。
042507
 台車は0464の刻印(上)現行品のようです。他はTR217。
042506
 比較対象のナハネ20(KATO旧品)と同じ滑降距離なので、転がり基準とします。

 車輪をいろいろ取り出して比較。
042502
 左はKATO製。中は謎の車輪(鉄コレの車輪交換用として間違って入手)。そして今回のTOMIX純正です。
 集電板を外してKATO車輪に換装すると合格ですが、その前に。
 主たる原因は台車枠の軸幅長のようで、0464と比べても車輪にアソビが無く、指先で軽く・・・回りません。

 ここから当方も試行錯誤。
042508
 ローターを使い集電板ピポット受けをざぐりアソビを作ることにします。但しフランジが集電板に干渉しないことが条件です。
042509
 心地よい振動で黒メッキから変わっていきます(上)。
042510
 組立てて台車を転がし・・・滑降距離が伸びました(左)。
042512
 加工済みはKATOのNカプラーにします。

042511
 車体に嵌めて・・・オロネに近づいてきました。が、この手法は邪道でしょうか(悩)・・・
(―3へ)

|

« 新幹線鉄道開業50周年記念百円貨幣 | トップページ | 選挙開票作業 »

コメント

戸塚の某さま
問題は、九州の車輪・・・いや旧集電車輪の手持ちがゼロなことです。そこで台車枠の入手を検討しています。

投稿: 赤緑 | 2015年4月26日 (日) 07時14分

ローターでガバガバにするんですね。

それはさておき、現実的には旧集電車輪のポン付けが色々と優しいです。

投稿: 戸塚の某 | 2015年4月25日 (土) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/61491798

この記事へのトラックバック一覧です: TOMIX14系寝台客車2―信州やら九州やら試行錯誤の台車改修:

« 新幹線鉄道開業50周年記念百円貨幣 | トップページ | 選挙開票作業 »