« 商売下手? | トップページ | 1人のための1人のために―脳梗塞編1 »

2015年4月10日 (金)

続・長距離列車は短距離になりつつも

 前に「JTB大型時刻表で、今では唯一の定期普通列車(上下3本ずつ)を発見(当方調べ)」と書きました。
 「意味わかんねぇ」ときたので、こういうことです。
04101
 例えば・・・画像は東海道本線<下り>熱海→米原。ページの上から下まで1本の普通列車が掲載されているかということで、この場合、熱海(以東)→米原(以西)の乗換えなしの列車が存在するかということです。
 端から見ていけば、どこかの路線で出てきますが、見ないで思い浮かぶか・・・です。

 正解は・・・そんな簡単には言い出せん・・・あっ、飯田線です。
04102
 P266、P267は見開きで、豊橋→岡谷が3列車も(1本は上諏訪まで)。勿論上りもあります。
 他線ではありません。
 JR化後、長距離列車の分割&短距離化が進む中、飯田線は優等列車が変わったものの、普通列車は何十年も変わっていない気がします。JR東海なら分割しそうなのにねぇ。
 もしかしたら旧国電車時代から大差がなかったら「ガラパゴス」かもしれません。
 そうそう、Nゲージの世界ではKATOが流電の製品化を発表。どうしましょって予約?

|

« 商売下手? | トップページ | 1人のための1人のために―脳梗塞編1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/61414811

この記事へのトラックバック一覧です: 続・長距離列車は短距離になりつつも:

« 商売下手? | トップページ | 1人のための1人のために―脳梗塞編1 »