« 2015年JRダイヤ改正―ついにこの時が!(続編) | トップページ | 年度末という訳ではないのだが »

2015年3月 2日 (月)

西武新宿線東村山駅場内脱線事故

011900
 現場の赤緑です。
 1月、所沢から西武新宿線に乗った際、東村山の最後尾で×印(使用中止)の信号機を発見。「何コレ珍百景」ほどではないですが、気になってました。後日Wikipediaでその理由は簡単にわかりました。
030251
 ここで2011年12月、ポイント脱線事故(赤い丸部分)がありました(詳細:鉄道事故調査報告書はコチラ)。基準線の右側レールの摩耗で右トングレールと隙間ができ、ここから車輪フランジが乗り上げて脱輪・脱線につながった。と原因つけています。
 トングレールと車輪フランジの微妙な関係・・・模型の世界では考えられないシビアな関係に驚き。
 で、以後このポイント区間(赤い線部分)の使用を中止。この線路を使っていた西武園―西武新宿の直通列車の運用がなくなりました。
030201
 さて、先日、確定申告の提出で出かけた税務署の帰りに現場に寄り道。
030202
 駅前から5番ホームの西武園方への出発信号の×が見えます。本来5番ホームは上り新宿方面のため、反対方面になる出発信号機は×の1基しかありません。
030203
 踏切に行くと問題のポイントがわかります。ここから西武園→西武新宿方(5番ホーム)への×印の信号機を見ることが出来ます。
0302041
 赤い矢印方面へ進入中に脱線しました。事故後ポイントガードが設置されています(事故調査報告書の写真では設置されていない)。
 しかしなぜ線路は3年以上そのまま残っているのか、復活も視野に入れているのか、疑問が残ります。

|

« 2015年JRダイヤ改正―ついにこの時が!(続編) | トップページ | 年度末という訳ではないのだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/61213449

この記事へのトラックバック一覧です: 西武新宿線東村山駅場内脱線事故:

« 2015年JRダイヤ改正―ついにこの時が!(続編) | トップページ | 年度末という訳ではないのだが »