« 草津温泉チョイなチョイな | トップページ | いつまでも 遅延は続く どこまでも »

2015年3月31日 (火)

八ツ場ダム周辺は「橋梁の見本市」

 草津で一泊した翌日、R292~R145、建設中の八ツ場ダムを見下ろしながら帰ります。といっても運転手の当方は景色を楽しめません。
 政権交代があった時期、あの建設中断は何だったのでしょうか。ついこの前だったはずが遠い昔に思えるのは、忍び寄る老化現象か。
 JR吾妻線の線路が変更になり新線は大半がトンネルだそうです。新線でスピードアップが図られたかと思えど所要時間に大差がないのは、単線故でしょうか。
062913
 これは旧吾妻線・長野原草津口付近、車窓からの画像(2011年6月)、手前が新線の橋、奥がR145BP。
062911
 高規格な橋梁が次々に目に飛び込んでくる様は、現代日本の土木技術を集めた「橋梁の見本市」。
033101
 道の駅「八ツ場ダムふるさと館」で休憩。
033102
 道の駅の前のこの橋も見本市の一作品。
033103
 同じ橋のかなり下を走っていた旧線の車窓から。高低差がわかると思います。新線は対岸の長いトンネル内のため、現在この橋を見ることは出来ないと思います。
 ダムによる移転で鉄道・道路・住宅が真新しくなった地域と、昔の景色が残る下流地域で、こんなに様子が違うものかと改めて感じました。
 計画から長期にわたり紆余曲折した八ツ場ダム。完成したらまた違う景色になるのでしょうね。

|

« 草津温泉チョイなチョイな | トップページ | いつまでも 遅延は続く どこまでも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/61358129

この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダム周辺は「橋梁の見本市」:

« 草津温泉チョイなチョイな | トップページ | いつまでも 遅延は続く どこまでも »