« クモヤ145のN化 | トップページ | 迷惑行為者は「クズ鉄」だ »

2015年1月25日 (日)

恐怖の逆走

 高速道路を逆走して対向車と衝突するというニュースをよく見かけます。正面から走ってくることなど想定していない上に高速走行なので、正面衝突すれば大惨事。被害者もえらい迷惑です。
 逆走の発生としては
(1)SA、PAから本線へ侵入
(2)高速道路本線―支線の分岐・合流地点から侵入
(3)一般道→高速道路の出口から侵入(なぜか料金所を突破)
 が考えられます。

 次に逆走の原因としては
(1)SA、PAから本線侵入時に逆走
(2)分岐で誤った方向に進み、Uターンして逆走
(3)認知症?その他不明?
 が考えられます。

 今更こんなことを書かなくても関係各社は対策を講じています。
01251
 一部のSA・PAでは出発時に逆走しないよう駐車区画を図のようにしています。しかし混雑時、SA内でぐるぐる回り、「次のPAにするか」と標識を見落とし、逆走して本線に向かうことも考えられますし、実際「もうちょっとで行っちゃう」というシーンを見たことがあります。
 またIC付近では侵入禁止の標識・標示や電光文字での警告が設置されています。またカーナビの音声で警告する機能も試験されているそうです。といっても逆走しなければそんな標識や警告を見ることがないので、ほとんどの人は知りません。興味のある方はNEXCO各社やJAFのHPをどうぞ。
 特にJAFの「高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?」の中の動画は参考になります。
 現在は教習所で高速教習が含まれているそうですが、昔はそんなのなかったので、高齢者を中心に、免許書き換え時に講習をしないと予防出来ないと思います。

 もし分岐で誤った方向に進んだ時は、「次のICで出て、再度入って戻る」これしかないのです。
 鉄道の「次の駅で降りて、反対方向に行く列車で戻る」と一緒です。単純でしょ。

 最後に「逆走は犯罪です」危険運転致死傷罪の適用になります。これも鉄道の「痴漢は犯罪です」と一緒です。

|

« クモヤ145のN化 | トップページ | 迷惑行為者は「クズ鉄」だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/61032216

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の逆走:

« クモヤ145のN化 | トップページ | 迷惑行為者は「クズ鉄」だ »