« 再度足利へ | トップページ | 651系がやってきた »

2014年11月 2日 (日)

偶然の産物とはいえ東照宮に負けず劣らず

Dscn4278
 先日行った久能山東照宮での説明(3本目のライン)
「日光東照宮の真南には江戸城、南門に建つ陽明門の真上には不動の北極星が輝き、星々はこれを巡ります。江戸城、日光東照宮、北極星を結ぶ南北線を中心に、この世の総てが運行するのです」
と書かれています。随分デカいことをいうもんだな。しかしこの時代によく一直線に建てられたなと感心したり。
 そういえば身近にも類似したことが・・・
「当家の真南には★会長の城、南にある駐車場の真上には不動の北極星が輝き、星々はこれを巡ります。★会長の城、当家、北極星を結ぶ南北線を中心に、この世の総てが運行するのです」
 これはGoogleMapで調べ物をしていた際に当家から南方へスクロールしたら偶然発見したもので、位置関係は事実です。しかし当然ですが我々中心に世の中は廻っていません。

|

« 再度足利へ | トップページ | 651系がやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/60577546

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然の産物とはいえ東照宮に負けず劣らず:

« 再度足利へ | トップページ | 651系がやってきた »