« 北大阪急行2000形購入&N化 | トップページ | 偶然の通りがかり »

2014年10月25日 (土)

続・北大阪急行2000形のN化

 N化して終了だったのですが、改めて見ると
10251
 先頭車の連結面は幅広
10252
 中間車のは幅広と幅狭(簡易運転台)、箱の説明で簡易運転台は4、5号車にあり、4連でいくには1、4、5、8号車になるので、車番は
 2003-2303(M)-2603-2503<天王寺>
 にしました(行先の天王寺は他の編成と被らないように選定)。
 しかし5号車はT車!? 床下機器はM1cとM2仕様でTはありません(機器構成が実車に合致しているかは別として)。
10253
 協議の結果、M1c-M2-M1-M2cとして、2603をM1にすべく2503と振替ました(下の2両)。

|

« 北大阪急行2000形購入&N化 | トップページ | 偶然の通りがかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/60540298

この記事へのトラックバック一覧です: 続・北大阪急行2000形のN化:

« 北大阪急行2000形購入&N化 | トップページ | 偶然の通りがかり »