« やはり富士山かな | トップページ | 続・北大阪急行2000形のN化 »

2014年10月22日 (水)

北大阪急行2000形購入&N化

10221
 2014年の鉄道フェスティバルで購入した2箱4両。
 7000形と共に大阪万博を機に鳴り物入りで登場(ってホンマかいな)。万国博や千里ニュータウン輸送に貢献しました。当方も間違いなく乗車した筈です。
 助手席窓が小さい「ウィンク」した左右非対称の顔は、長い間、大阪地下鉄の「標準仕様」になっていました。
 高級感をイメージさせる阪急色を意識したのでしょうか。その前にマルーンが高級感をイメージさせる阪急って凄いですね。頑固に車体色を変えない姿勢は素晴らしいです。
 さて話を戻して、箱の色が「マルーン」にも「ぶどう色2号」にも見えるのは「忍び寄る老化現象」でしょうか。
1022210223
 7000形との比較です。
 純粋無垢(銀一色)で世間知らずの7000形と異なり、丸みがあって途中からマルーンの帯で色気づいたのが特徴です。
10224
 でも1番違うのは箱の仕様だったりして。
 なお床下機器、台車は同一仕様です。
 動力車にはTM-06を仕込み、他の車両には金属車輪に交換、板鉛ウエイト装着。車番、行先ステッカーを貼りN化にして竣工しました(画像は貼る前です)。
 何だカンダといって大阪の地下鉄が増えてきたけど、走らせる場面があるか・・・です(続く)。

|

« やはり富士山かな | トップページ | 続・北大阪急行2000形のN化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/60523427

この記事へのトラックバック一覧です: 北大阪急行2000形購入&N化:

« やはり富士山かな | トップページ | 続・北大阪急行2000形のN化 »