« 第21回鉄道フェスティバルに何を期待するか | トップページ | 続・大阪市交通局20系のN化 »

2014年9月 7日 (日)

続、山・山・山

090601
 東京でも猛暑日に一息ついた先日、以前から予定されていた先日の「山・山・山」の続きの仕事で再度長野県へ出かけてきました。
090602
 「本州最大」と書いてある長門牧場。前回行った神津牧場より広いのかな
090603_2
 蓼科高原
090604090605
 女神湖とビーナス像
 ビーナスラインをひた走り
090606
 車山
090608090609
 霧ヶ峰、八島湿原
090607
 標高1800mクラスになると一面霧の中
090610
 宿は前回と同じ「立科山荘
090611
 山の朝は涼しいを通り越して寒いくらい
090612
 翌日は碓氷峠鉄道文化村へ
090613
 仕事なので中に入ることなく(中に入ったら半日かかるからNG)外から撮影
090614
 隣りは閑散とした(本物の)横川駅
090615
 昔は売上げ№1の店も、今は最下位でしょうか
090616
 全盛期の「特急あさま」並みの普通列車の本数
090617
 今はバスで軽井沢へ
090618
 足を延ばして「めがね橋」へ。信越本線の横軽区間は何十回と通りましたが、下から見たのは初めて。新旧の線路の違いはあれど結構怖い所を走っていたんでですね。
 あっ、仕事はキチンとしてきました。

|

« 第21回鉄道フェスティバルに何を期待するか | トップページ | 続・大阪市交通局20系のN化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/60270788

この記事へのトラックバック一覧です: 続、山・山・山:

« 第21回鉄道フェスティバルに何を期待するか | トップページ | 続・大阪市交通局20系のN化 »