« 南海22000系のN化―2竣工 | トップページ | 続、山・山・山 »

2014年9月 5日 (金)

第21回鉄道フェスティバルに何を期待するか

 長蛇の列に並ぶ試練が今年もやってきました。
 ここまでの発表によると「阪急=新1000系」「阪神=3011形」「北急=2000形」。阪神が3両セット、他は2両セットです。
 阪急の新1000系:昨年11月デビューだそうです。新車を鉄コレで出すのは反則技でしょ!! 手持の2300、3000等とは不釣り合いなので多分購入見送り。
 阪神の3011形:改造改番後の3561、3061形なら検討するが、微妙ですね。多分見送り。
 北急の2000形:昨年の7000形に続き、大阪万博で世界中の人々を乗せた車両!! 7000形に格好のお供。
 南海は既に入手済み。近鉄は発売されないだろうし、京阪? 戦力外。
 ということで、当確は北急のみ。
 散財しすぎた2013年(購入結果はコチラ)に比べ今年は身軽になりそうですが、1つのために早朝から並ぶのも複雑な心境です。

|

« 南海22000系のN化―2竣工 | トップページ | 続、山・山・山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/60221284

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回鉄道フェスティバルに何を期待するか:

« 南海22000系のN化―2竣工 | トップページ | 続、山・山・山 »