« 2014年度初代務と貴重な一日 | トップページ | 早くも連続代務 »

2014年4月17日 (木)

貴重な一日だったのか最悪な一日にしてしまったのか

 翌日、その方の仕事の様子が普段と違っていたそうで、もしかしたら余計な事を話した影響なのか、やはり傷つけてしまったのか、想像以上にダメージを与えてしまったのかと思ったりするのです。
 もしそうだとしたら、責任を感じてしまう。貴重な一日が最悪な一日に化してしまう。当方の取り越し苦労であればいいのですが。
 やはり胸の中にしまっておいた方がよかったのか。当方1人苦しんでいたほうがよかったのか。この件については珍しく冷静さを欠いているのです。

|

« 2014年度初代務と貴重な一日 | トップページ | 早くも連続代務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/59480618

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な一日だったのか最悪な一日にしてしまったのか:

« 2014年度初代務と貴重な一日 | トップページ | 早くも連続代務 »