« 近づく年末恒例の行事 | トップページ | 1人のための1人のために―今だから書けるお見舞い編 »

2013年12月 3日 (火)

1人のための1人のために―無念の旅立ち編

 今年5月の1本の電話から始まった出来事。大変残念な結末を迎えてしまった。
 重篤編続編続々編と綴り、実はもう1本、10月下旬に見舞いに行った時のことを書くつもりでいた。しかし本人が当ブログを読むと思うと手が進まなかった。躊躇しつつ約1ヶ月が過ぎた今日、無念にも旅立ってしまった旨のメールが届いた。
 言葉が出てこない。タイピングの指が冷静さを失っている。時が止まっているような早く過ぎていくような、妙な時空にいる感じである。
 今、取り急ぎ書けることはこれで精一杯である。

|

« 近づく年末恒例の行事 | トップページ | 1人のための1人のために―今だから書けるお見舞い編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/58692824

この記事へのトラックバック一覧です: 1人のための1人のために―無念の旅立ち編:

« 近づく年末恒例の行事 | トップページ | 1人のための1人のために―今だから書けるお見舞い編 »