« E233系埼京線―3 | トップページ | 続々・1人のための1人のために―大怪我編 »

2013年7月28日 (日)

続々・1人のための1人のために―重篤編

 あれから約1ヶ月近く経った先日、それは1本のメールからであった。
 「一時退院することになった」
 再入院からの退院。朗報である。また「入院」となるが、ひとつヤマを越えたかなと思う。入退院を繰り返しながら下界の生活が徐々に長くなることを祈る。
 しかし前にも記したとおり『重篤な病名』である。引き続き「彼を想う気持ち」を大切にしたい。大切にしながら日々を過ごしていきたい。「彼が下界に『完全に』戻る」まで当方は待っている。

|

« E233系埼京線―3 | トップページ | 続々・1人のための1人のために―大怪我編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/57868545

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・1人のための1人のために―重篤編:

« E233系埼京線―3 | トップページ | 続々・1人のための1人のために―大怪我編 »