« 運転会に向けて | トップページ | ゴムを着けるのならキチンと装着しないと意味がない »

2013年4月12日 (金)

東西の電車の扉2題

 「10日朝、武蔵野線車両の扉故障により処置の上、京葉線を走行」
 「10日夜、近鉄南大阪線で扉開けたまま動く」
 (いずれも新聞記事より)
 今では扉を閉めて走行するのが当たり前ですが、昔は扉の開閉は乗客がしていて、開けっ放しで走るのも当然な時代もありました。
03311
 こんな車両達(模型)です。名曲「喝采」(ちあきなおみ)の歌詞にも出てきます。客室とは仕切られたデッキとはいえ、転落事故も結構あったとか。
Dscn98491
 また、半自動ドアという車両もありました。
 今の世の中「開けっ放し」は「開放感」とは異なり怖いですよね。

|

« 運転会に向けて | トップページ | ゴムを着けるのならキチンと装着しないと意味がない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/57151563

この記事へのトラックバック一覧です: 東西の電車の扉2題:

« 運転会に向けて | トップページ | ゴムを着けるのならキチンと装着しないと意味がない »