« おっと危なすぎるWBCとダブルエリミネーション方式 | トップページ | 今更ながらキハ17系の整備 »

2013年3月11日 (月)

勝ち抜け第1号で米国上陸のWBC

 8日の台湾との壮絶な戦いの興奮のまま迎えた10日のオランダ戦。終わってみれば16−4の7回コールド勝ち。6本塁打含む17安打、しかも先発全員安打&全イニング得点&サイクル本塁打(ソロ〜満塁まで)のおまけ付き。
 初めて23時前にゆっくり寝れます。ダブルエリミネーション方式の説明は不要でした。12日の順位決定戦をこなして米国へ。3度目の侍魂を見せつけてほしいものです。
 少々早いですが決勝戦は日本時間20日の午前9:00開始予定。20日は祝日なので多分観戦可能です(この日出勤の方には申し訳ない)。この時、日本選手の姿がグラウンドに立っている筈です。期待が膨らみます。

|

« おっと危なすぎるWBCとダブルエリミネーション方式 | トップページ | 今更ながらキハ17系の整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/56929982

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち抜け第1号で米国上陸のWBC:

« おっと危なすぎるWBCとダブルエリミネーション方式 | トップページ | 今更ながらキハ17系の整備 »