« 京急700形(Ⅱ)の製作2 | トップページ | 京急700形(Ⅱ)の製作4 »

2011年12月22日 (木)

京急700形(Ⅱ)の製作3

122201
122202
 拘りの一つ、品川方先頭車のジャンパ栓受け跡。φ1㎜穴を3カ所あけ、丸棒を差し込み、裏から接着しました。
 もう一つの拘り、運転台側にTNカプラーを付けること。700形は4連の普通で運用していましたが、圧巻だった12連・私鉄最多48客扉を誇った「通勤快特・品川」にも対応させるためのTNカプラーです。
12223_2
 鉄コレ動力TM-06の両端にスペーサーランナーMを付けていい感じと喜んだのもつかの間。TNカプラーが台車の先端に当たり、台車が首を振らず不可。
 ランナーLを付けると後退しすぎて反対側の連結間隔が広がってしまい、いけません。
12224
12225
12226
 ランナーMにTNカプラーをズラして取付けたら、台車は干渉せずLよりは広がらないのでこれで決定。反対側のスペーサーはMでピッタリ嵌まりました。
12227
12228
 T車の床板は短いので、説明書のとおりTNカプラーの取付けが不可です。
 鉄コレの床板スペーサーランナーLを先端に使い、床板を一部カットして全長・台車位置を動力に合うように接着しました(TN側のアーノルドカプラーはそのうち切断します)。

|

« 京急700形(Ⅱ)の製作2 | トップページ | 京急700形(Ⅱ)の製作4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/53529555

この記事へのトラックバック一覧です: 京急700形(Ⅱ)の製作3:

« 京急700形(Ⅱ)の製作2 | トップページ | 京急700形(Ⅱ)の製作4 »