« モジュ34―架線柱台の設置 | トップページ | 横浜が2つの主役 »

2011年11月15日 (火)

いつまでも近くて遠い国では

 15日、サッカー日本代表が北朝鮮と平壌で戦います。日本からサポーター・報道陣などが団体行動で出国しました。
 周知のとおり、国交がなく制裁措置を取っているので、持ち物の制限があります。デジタル物、情報通信物はダメ。北からの土産物も没収されます。
 日本人の節度あるマナーは世界最高水準ですから大丈夫でしょう。
 しかし日本人は世界最高水準でしょうか。他のスポーツでは相撲は昨年来の幾多の事件で客離れが進み、野球は内紛ゴタゴタで全国的に日本シリーズの盛り上がりが今一つ。そこそこの地位ある一部の日本人のことですが、同じ日本人だと思うと何とも言えません。
 いずれにせよ何ら問題なしに観戦して帰ってくることを願います。拉致された方々も一緒に帰ってこれたらいいのですが、遠く遠く遠い国です。

|

« モジュ34―架線柱台の設置 | トップページ | 横浜が2つの主役 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/53244191

この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも近くて遠い国では:

« モジュ34―架線柱台の設置 | トップページ | 横浜が2つの主役 »