« 大井川鉄道3829/2829を入手 | トップページ | モジュ18―続・間隔を狭めたヤードを考えてみる »

2011年10月 3日 (月)

モジュ17―間隔を狭めたヤードを考えてみる

 TOMIXの標準複線間隔は37㎜ですが、CKCメンバーからヤードでもう少し間隔を詰めたい旨の「つぶやき」がありました。
 別に頼まれたわけでもないのですが、脳のリハビリのために作図してみました。
10031
 考え方は上の図です。複線間隔を保ったままの曲線区間では内線半径<外線半径ですが、内外同じ半径なら間隔が狭くなります。15度では効果が小さいですが、30度では大きくなってきます。これを応用していきます。
10032
 曲線はC541、C280、ポイントはPR541、直線はS70。右の数字は各間隔をCAD上で測定した数値です。
 37㎜よりは狭いですが、間隔がバラバラで実戦向きではありません。
10033
 このため調整したのがこちらです。一部C317に交換しバランスをとっています。また一番下は間隔があったので一線増やしました。
 問題点はこの間隔に合った架線柱がないこと。何らかの工夫が必要です。
 陽の目を見るかはわかりませんが、如何でしょうか(続く)。

|

« 大井川鉄道3829/2829を入手 | トップページ | モジュ18―続・間隔を狭めたヤードを考えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/52901201

この記事へのトラックバック一覧です: モジュ17―間隔を狭めたヤードを考えてみる:

« 大井川鉄道3829/2829を入手 | トップページ | モジュ18―続・間隔を狭めたヤードを考えてみる »