« 大切なものが…@大宮 | トップページ | 上田丸子電鉄4256の製作4―動力化 »

2011年10月17日 (月)

鉄コレ阪神5311形が到着、そしてN化

10161
 日比谷公園の長蛇の列から1週間遅れの15日に届きました。
10162
10163
 2両とも先頭車ですが、連結面や屋根で違いを見ることができます。ということは車番を間違えないようにしないといけませんね。
 これで阪急と同様に眠っていた5201形シルバーも陽の目を見る機会が増えそうです。

 加工したのは、
 1.先頭車屋根に無線アンテナ取付け。
 2.パンタグラフは手元にあったKATOのPT48を装着。
 3.ウエイトとして板鉛を装着。
 4.連結器はKATO密連カプラーに交換(2両分)。
 動力ユニットが手元にないので組込みは後日になります。
10164
 KATO密連に替えましたがR216線路をクリアできます。
10165
 上から5201密連、5311密連、5311アーノルド。5201の間隔を狭くしたいです。
10167
10168
10169
 行先板や車番は付属ステッカーを貼ってみたのですが今一つ。行先板はGMのステッカーを貼ってみましたが大きいです。ほどよい大きさの5201購入時の付属ステッカーを自宅で捜索中。車番は今後の検討課題です。
 阪急同様、高度経済成長期の再現…それはモジュールで走らせてからですね。

|

« 大切なものが…@大宮 | トップページ | 上田丸子電鉄4256の製作4―動力化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/53006412

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄コレ阪神5311形が到着、そしてN化:

« 大切なものが…@大宮 | トップページ | 上田丸子電鉄4256の製作4―動力化 »