« 開放せよというけれど | トップページ | モジュ17―間隔を狭めたヤードを考えてみる »

2011年10月 2日 (日)

大井川鉄道3829/2829を入手

10011
 縁あって当所にやってきました。上田丸子電鉄の12、15m車をいじっていたせいか20mでもないのに長く感じます。実車は知らないし、上田丸子電鉄に加工するには長いし、でもなんかレトロ感があるので、このまま動力化してもいいかな。
 ところで、メーカーHPでは3829は18m級動力(TM-06)を指定していますが、外見が類似の豊橋は17m級(TM-07)となっています。14弾は17m車なのか18m車なのか、どちらでしょう?
 ついでに、10月発売予定の飯田線/大糸線用には新規動力車を発売するそうですが、既存の20m用と台車間寸法が異なるのでしょうか? 数種類あるのはいいですが煩雑になりわからなくなってきました。

|

« 開放せよというけれど | トップページ | モジュ17―間隔を狭めたヤードを考えてみる »

コメント

gino-1さん
こんにちは。そういう理由ですか。親切なメーカーということで大井川は指示通りにしますが、旧国は状況を見ての判断になりそうですね。

投稿: 赤緑 | 2011年10月 3日 (月) 12時41分

こんばんは。

その違いは、台車位置や車端のオーバーハングの関係ではないでしょうか?
実車はどちらも同じ17m級であっても、台車位置の関係で実車の車体長と違う動力が指定されている場合があります。
指定に従うのがベストかと。

旧国動力は車輪径が旧国サイズの大きい物になるそうです。
ただ、T車用の径の大きい車輪は発売されていないので、そのままやると車高に違いが出てしまうというオチが・・・。

悩みどころですね。

投稿: gino-1 | 2011年10月 2日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/52874265

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川鉄道3829/2829を入手:

« 開放せよというけれど | トップページ | モジュ17―間隔を狭めたヤードを考えてみる »