« 西武鉄道、改装工事中の所沢駅と6連の3000系 | トップページ | 上田丸子電鉄2322の製作2―屋根の加工など »

2011年9月16日 (金)

上田丸子電鉄2322の製作1―さらば銚子電鉄

 鉄コレ第1弾の上田丸子電鉄のモハ2321。同僚のモハ2322との2連や、ラッシュ時にはサハ27(後にサハ41に変更)を挟んだ3両編成で運行していました。
 「RMライブラリー上田丸子電鉄」によると、昭和44年の丸子線廃止までいたようなので、もしかしたら乗ったか見たかもしれませんが、今となっては為す術もありません。
 単行も可愛いですが、同じ12m車がもう1両あるので、着手しました。
 貫通/非貫通の両運転台。2321と2322では逆なので、工作は扉が…ではなく、屋根(パンタ)の向きを逆にする工作が中心になります。
091701
091702
 本当はフリーのモ1032をタネ車と思ったのですが、両方非貫通ということに今更気付き、銚子501をタネ車にしました。一緒に銚子301も上田の4256のタネ車にします。こちらは運転室扉を増設しなくてはいけないので仕掛行き。
 2両を分解し、上田近くの近くの別所温泉(IPAです)に浸かってもらいました。 サッパリした2両は湯上り美人に。

|

« 西武鉄道、改装工事中の所沢駅と6連の3000系 | トップページ | 上田丸子電鉄2322の製作2―屋根の加工など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/52729816

この記事へのトラックバック一覧です: 上田丸子電鉄2322の製作1―さらば銚子電鉄:

« 西武鉄道、改装工事中の所沢駅と6連の3000系 | トップページ | 上田丸子電鉄2322の製作2―屋根の加工など »