« 懐かしの写真から―函館市電 | トップページ | 懐かしの写真から―青函連絡船 »

2011年8月 2日 (火)

新幹線は強運を持っているのかも

1日の23時55分頃、駿河湾を震源とする地震で、静岡県で震度5弱が観測されました。

大きな被害の報道はされていませんが、東海道沿岸が震源なので暫くは気を付けたいですし心配です。

さて、偶然にも新幹線はこの時すでに運転終了。地震が30分早かったら混乱していたでしょう。

そこで思い出されるのが阪神淡路大地震。この時は早朝5時47分と新幹線の運転開始前で人的被害はゼロでした。こちらも、もし30分遅かったら大惨事になっていたかもしれません。

また中越地震の時は脱線したのが重たい車両の200系だったため転覆に至らなかったとされています。

最近、日本の新幹線の安全面が優秀だと報道されています。誇りをもって世界にアピールできますが、その上で強運も持っているのかもしれません。
とはいえ、日頃から地震に対する備えを忘れないように心がけたいです。

|

« 懐かしの写真から―函館市電 | トップページ | 懐かしの写真から―青函連絡船 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/52371439

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線は強運を持っているのかも:

« 懐かしの写真から―函館市電 | トップページ | 懐かしの写真から―青函連絡船 »