« 助っ人3―車両の整備(3) | トップページ | 1日限りの、1人のための »

2011年8月 6日 (土)

西武池袋線でテスト撮影

 「知るは一時の恥、知らぬは一生の恥、聞いて納得、ヤル気大学~!!」懐かしいフレーズですね。
 一生独身のオマタ君はどうしているのでしょうか。今でもどこかで「ウッ、ウ~ン」と言っていますかね。
 さて、7月31日のしなの鉄道169系の撮影失敗を検証するために説明書を読んでもわからず、メーカーに聞いたところ「スミアー」という現象だそうで、銀塩ではなかったことだそうです。
 露出をマイナスにする(暗くする)と症状がなくなるそうで、カメラの異常ではないとのこと。
 早速、西武池袋線で試してみました。
080501
 2000系。
080502
 メトロ10119Fと西武6155F。
 地下鉄直通の「各停 飯能行」は節電ダイヤにより登場しました。
 
 光線が上下に帯状になる症状は出ません。露出をマイナスする加減はもう少し試すとして、もっと前に聞いておくべきでした。まさに「知らぬは一生の恥」。まだまだ勉強が必要です。
 もう一度169系12連は無理としても、小諸―軽井沢で運用されている未確認情報もあり、走っているうちにリベンジしたいですね。

|

« 助っ人3―車両の整備(3) | トップページ | 1日限りの、1人のための »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/52390089

この記事へのトラックバック一覧です: 西武池袋線でテスト撮影:

« 助っ人3―車両の整備(3) | トップページ | 1日限りの、1人のための »