« 電気予報と実績と今後のエネルギー政策 | トップページ | 上田交通の保存車 »

2011年7月13日 (水)

Oh、大相撲

 半年ぶりの本場所開催。NHKの中継も半年ぶりです。いつも見たり聞いたりするわけではないですが、ちょっと手持無沙汰で他に見聞きするTV・ラジオ放送がないときにいいアイテムです。
 賭博・八百長問題で、十両以上の力士がゴッソリ変わり、しこ名と顔が一致しない力士が増えました。
 以前から様々な疑惑をウヤムヤにしながら、世間も馴れ合いを容認しながら、お互い「阿吽の呼吸」でこの前まできましたが、賭博・八百長問題以来、一線が引かれてしまいました。
 力士・部屋の後援会など密着した地域・一部の人は番付などで一喜一憂しますが、多くの人は大相撲の存在が適当になっている「総ファン・総解説者」で、今一つ盛り上がりに欠けている気がするのです。
 閉鎖的な大相撲界がいかにオープンになるか、人間のすることなので100%ガチンコ勝負を求めるのには無理があります。神事であり興行でもあり、どこまで寛大になれるか。難しいとされる法人格を無理して取得しなくてもいいではないか。補助がなくなり経営が難しくなればオープンになりそうです。
 ここは民間という外部から「ラブ注入」してもらうのも一考かと思います。

|

« 電気予報と実績と今後のエネルギー政策 | トップページ | 上田交通の保存車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/52172890

この記事へのトラックバック一覧です: Oh、大相撲:

« 電気予報と実績と今後のエネルギー政策 | トップページ | 上田交通の保存車 »