« 八高線で森林浴 | トップページ | 上諏訪へ行ってきました »

2011年6月10日 (金)

はしご車の整備で見る中国技術

061011
 トラックコレクション第4弾のはしご車です。この車、上を向く、回転する、伸びるという、はしごの3点セットを持ち備えていて素晴らしいです。
 ところが最近、何かに引っかかった感じで上を向かなくなったので、分解しました。
 床から外していき、バラバラに。画像のように分解するまで接着剤は使われていませんでした。日本で作図されたのかもしれませんが、ローコストの中国での金型・組立技術のすごさがわかります。日本製では1,000円以上になります。
061012
 この動く部分が少々きつかったので、軽くやすり、再度組立ました。
061013
 上を向かせ、回転させ、伸ばしていくと迫力があります。
061014
 ところで、手前にある四角いパーツ。前から箱の中にあったのですが何のパーツかわかりません。しかし、はしごは動くしバラバラにならない。不思議です。
 他のはしご車のパーツかな。

|

« 八高線で森林浴 | トップページ | 上諏訪へ行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/51899587

この記事へのトラックバック一覧です: はしご車の整備で見る中国技術:

« 八高線で森林浴 | トップページ | 上諏訪へ行ってきました »