« お面を買う | トップページ | 月曜の朝 »

2011年4月10日 (日)

クハ79300(鉄コレ偶数)1―前面の加工

 今日は統一地方選挙の投票日。
 朝一番で投票を済ませ、池袋に出掛けようとしたところ、急用で行先変更。昼過ぎに帰宅したものの、なんだかなあ。
041001
 午後から久し振りに手を動かしました。 
 2年前、鉄コレ山陽車の車体に、TAVASAのクモハ73600前面板を取付けて製作しました。
 今回は同様の方法でクハ79を製作します。
 山陽車の側面のような鋼鉄車の2段窓という組み合わせは、3段窓→アルミサッシ2段窓のアコモ改造された仕様にあてはまり、可部線や仙石線では原型車でありましたが、首都圏にいたクモハ73では、ほとんどが600番台と少数でした。
 一方クハ79では相当数が2段窓改造車が存在し、製作には事欠きません。
 元々クモハとクハで歴史経緯が違い、アコモ改造とかでも仕様が異なっていたのが、最後まで凸凹編成になっていた要因なわけです。
 TAVASAのクハ79300番台キットの前面は、奇数/偶数車の各々前照灯屋上取付式/埋込式の計4枚があり、どれも側面2段窓改造仕様が存在しました。
 今回は79422~79488(偶数)の前照灯埋込式タイプを製作します。
 クモハ79600の場合は、車体の前面を削り、79600のツライチ前面を付けてほぼ完成でしたが、クハは傾斜窓が障害になります。
 前面板には手摺り取付けの穴をあけておき、下部のパーツを折りたたみます。
041002
 傾斜する運転窓のパーツは車体に干渉するので両端部をカット(矢印)。前面板に接着した後、前面下部に折りたたんだパーツを切り離します。
 車体側は現物合わせで穴をあけ、全体がツライチになるよう削ります。
041003
 加工した前面(裏側)と車体。
041004
 仮に合わせてみるとこんな感じです。

|

« お面を買う | トップページ | 月曜の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/51351490

この記事へのトラックバック一覧です: クハ79300(鉄コレ偶数)1―前面の加工:

« お面を買う | トップページ | 月曜の朝 »