« うまくいかないもので | トップページ | 東日本大震災―2 »

2011年3月15日 (火)

東日本大震災―1

 あの時、都内のビルの1階で作業をしていました。
 何か揺れているなと感じ、地下1階で作業していた人に「地震だ、気をつけて」。
 と、ガタガタとした小刻みではなくゆっくりした揺れが次第に大きくなり、小型漁船にでも乗っている感じです。
 地下にいた人を地上に上げ、安全な場所に移動しました。完全に収まるまで7~8分くらい要したでしょうか。とにかく長かったです。
 TVをつけると震度や大津波の情報。次々と送られてくるのは見たことがない映像ばかり。ただ唖然とするばかり。何も言えません。
 帰宅の足が奪われたので会社で泊りました……帰宅難民……朝まで食い入るようにしてTVを見ていました。
 その最中でも”♪!♪!緊急地震速報”が途切れなく発令。そのたびにカタカタカタカタ。
 東京はその程度で済んだものの、被災地では…表現できません。
 翌日からは休日返上で、都内を中心にした現場の緊急巡回点検。今日ようやく一段落で、久し振りに定時に帰宅できました。
 長かった、短かった数日。しかし被災地ではこれから、まだまだ長い長い日々が続きます。
 今回の地震で被災された多くの方々にお見舞いを申し上げます。
 この震災について、しばらく続けたいと思います。

|

« うまくいかないもので | トップページ | 東日本大震災―2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/51130728

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災―1:

« うまくいかないもので | トップページ | 東日本大震災―2 »