« 鉄コレの衝動買い | トップページ | 歴史ある休業中ホームの将来は »

2011年3月21日 (月)

東日本大震災―燃料求む

03211
 阪神淡路大震災との相違の1つに燃料不足が言われています。
 阪神…の時は発達した鉄道地域ということもあり、灯油不足が問題になった程度だったと記憶しています。
 今回は地震直後に数ヶ所の製油所の火災が中継され、石油製品が不足することはこの時点で明確でした。
 その上、被災地域の主な交通手段が自動車で、かつ寒さが残るこの時期。
 瞬時に「ガソリン・灯油不足」というパニック状態に陥ってしまったのです。確かにここ数日タンクローリーを見かけなかったです。未曾有規模の災害だから仕方がないといえばそれまでですが、不急不要なのに買占めた人もいたと思います。
 「命を左右させるかもしれない重要な燃料」レベルの地域に優先して供給するのが当然です。
 日本海側経由で鉄道運行が可能になり、また関東の製油所が操業再開され、大量輸送が可能になりました。今、画像の君達の出番です。もう数日で隅々まで行き届くことでしょう。東京近郊での燃料渋滞も解消に向かうでしょう。慌てず冷静な行動を求めたいと思います。

|

« 鉄コレの衝動買い | トップページ | 歴史ある休業中ホームの将来は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/51182388

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災―燃料求む:

« 鉄コレの衝動買い | トップページ | 歴史ある休業中ホームの将来は »