« 東日本大震災―放射性物質に悩む | トップページ | あれっ、何だっけ »

2011年3月27日 (日)

ライトアップを改めて考える

 (今後、表題から東北関東大震災―は外します)
 東京電力の計画停電の影響で、首都圏では日常生活に影響しています。煌々としていたネオン・イルミネーション・ライトアップが消え、主要駅・地下街の照明も節電で薄暗くなり、エスカレーターの運転を制限したり、節電を啓発するCMも放送しています。
 東京タワー、レインボーブリッジ、高層ビル群、ランドマークタワーなどのライトアップって何だったのでしょうか。経済が潤っている象徴という意味もあります。
 その建造物を効果的に演出し魅力を引き出しますが、最低限必要な鉄塔・煙突などに点滅する灯程度で「夜は暗いのがいい。幻想的だ」とも思います。
 「真っ暗な暗闇の中でふと空を見ると輝く月。その月明かりだけが頼りである」そんな光景は都市部では有り得ません。
 明るくすることは防犯対策になりますが、暗くすることで何かを見いだせるような気がするのです。
 省エネ・節電でCO2削減に繋がるので地球に優しい…その前に石油タンク火災、原発事故でCO2削減どころではないですか。

|

« 東日本大震災―放射性物質に悩む | トップページ | あれっ、何だっけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/51227493

この記事へのトラックバック一覧です: ライトアップを改めて考える:

« 東日本大震災―放射性物質に悩む | トップページ | あれっ、何だっけ »