« モジュ1―渓谷モジュ構想 | トップページ | 記憶についてつぶやく »

2011年2月 6日 (日)

大相撲…もう、どうでもいい…のか

 一昨年あたりから次々噴出する大相撲の不祥事、事件、問題、疑惑。
 弟子への暴行、麻薬、傷害、賭博、八百長…いくつありましたかね。
 今に始まったことなのか。悪しき慣習だったのか。
 昔からなぜか7勝7敗で迎えた千秋楽で勝つ力士が多かったとか。
 ???と思っていても何も言ってこなかった。
 本場所は筋書きのある「興行」だったのか。
 荒れる春場所って言われているが、脚本が上手だったのか。
 幼少の頃からのあの感動感激は何だったのか。
 「◎※時代」とか「◎※ブーム」とか。あれは何だったのか。
 日本人の幕内優勝が遠ざかって久しいのは何故なのか。
 今まで公的援助していたのは何だったのか。
 国技とか何だったのか。
 天皇賜杯、内閣総理大臣杯、「ヒョウ!・ショウ!・ジョウ!」は何だったのか。
 過去に遡って全てが裏切られ失われていく。

 もう、どうでもいい。財団法人を返上し、公的援助なしで、本格的「興行」でいいではないか。
 砂被り席やマス席に暴力団関係者が陣取ろうが、収入があればいいではないか。
 取組前にマイクパフォーマンスがあってもいいではないか。
 体格のいい外国人を呼び、国際色豊かにしてもいいではないか。
 「土俵に金が埋まっている」と言うが、相手力士から買ってもいいではないか。それを承知で懸賞を賭けてもいいではないか。
 序ノ口が横綱に勝ってもいいではないか。全てが「黒ずくめ」でもいいではないか。
 それを承知で見る側、ファンが「相撲」というものを理解していけばいい。

 とは言うものの、さすがにそれでは淋しい。
 何度目なるのか知らないが、相撲協会はまた「改革をする」とか言うのでしょう。
 相撲の勝負の「白黒」も八百長疑惑で「灰黒」になりかけている今、土俵の内外で、いつになったら「黒を白」にできるのか。
 ファンが純粋な「白い」気持ちで大相撲を見る日はやってくるのか。
 いくら書いても書き足りない気持ちだ。

|

« モジュ1―渓谷モジュ構想 | トップページ | 記憶についてつぶやく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/50791307

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲…もう、どうでもいい…のか:

« モジュ1―渓谷モジュ構想 | トップページ | 記憶についてつぶやく »