« 猫背 | トップページ | 1月の総括反省 »

2011年1月30日 (日)

つまずく

 歩いていて何でもない所でコケることがあります。
 車道から歩道へ自動車が侵入する一段高くなっている所や、舗装道路にあるマンホールとか、家の中の敷居とか、わずか数ミリや数センチの段差が危ないと言われています。
 じゅうたんや座布団でもつまずくそうです。
 わずかな段差では気を付けないのと、足が上がっていないのです。
 蹴り上げた足が前に出す時、地面からの高さが足りないので、障害物にひっかかる→つまずくのです。
 ではなぜ、高さが足りないのか。蹴り上げたのとは反対の足(体を支えているほう)の膝が曲がっていると勝手に解釈するのです。
 つまり歩く動作中、膝が伸びていないのではないかと考えたわけです。
 真偽の程は知りませんが。
 背筋を伸ばし姿勢を正し、蹴り上げたのとは反対の足の膝を伸ばし、つま先に神経を注ぎ…
 こんなに考えていたら歩けません。だから”つまずく”のでしょうね。
 ”つまずく”のは歩くだけではありません。人生つまずいてばかり。だから面白いって?
 あ~嫌だ嫌だ。

|

« 猫背 | トップページ | 1月の総括反省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/50719896

この記事へのトラックバック一覧です: つまずく:

« 猫背 | トップページ | 1月の総括反省 »