« ATS構想9―テスト開始 | トップページ | 愛用の小道具 »

2010年12月26日 (日)

総務省から妙なモノが届きました

 本日夕方、日本国の総務省からです。
 当方と特別なパイプはありません。さて、なんでしょう。
 開梱!!
122601
 地デジ専用簡易アンテナです。
 当家では地デジ対応TVですが、アンテナは未対応なのです。
 そうそう、無料で貸し出してくれるというので、1ヶ月程前に申し込んでいました。
 現在のアナログ放送は、高層ビルに伴う電波障害対策の共同アンテナからのケーブルなので、アンテナを新設する必要があるのです。
 そこで簡易アンテナで対応するか、屋根の上にUHFアンテナを立てるか迷っていたのです。
 早速設営テスト。
122602
 ケーブルの接続は簡単なものの、電波塔の方角は…どっちだ?
 で、TVで地デジのCH設定をして、受信レベルを見ながら向きや高さを変えながら、感度はどうかな。

 「ピピピッ、ブ~、ビ~ビ~、ブー」
 「もっと上のほう」
 「左…もう少し入れて」
 「ベランダに出てやってみようか」
 「あっ端のほうはどうかな」
 「ちょっと回してみるよ」
 「感度良くなった?」
 「声が出るようになったね」
 「いいじゃん。良く映っているよ」

 ★受信状態を調べるテストです。

 結果は…受信状態は大体”中レベル”
 感度の良い簡易アンテナで屋外のやや高いところなら、安定して受信出来そうです。

|

« ATS構想9―テスト開始 | トップページ | 愛用の小道具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/50409187

この記事へのトラックバック一覧です: 総務省から妙なモノが届きました:

« ATS構想9―テスト開始 | トップページ | 愛用の小道具 »