« キハ181系―たぶん今年最後の購入品 | トップページ | ATS構想8―部品購入 »

2010年12月18日 (土)

記憶とは

 先日、どこぞのTVで認知症(記憶障害)に関して放送していました。
 その中で、記憶したことが思い出せないことについて…

 ある事柄を記憶し<記銘>、それを保存し<保持>、必要な時に思い出す<想起>。
 この3つで構成されているというのです。
 それで、記憶の障害というのは、

<記銘>注意しなければ記憶に残らない
<保持>長く思い出さないでいると思い出せない
<想起>思い出すことが難しい

 というのです。

 いずれの事象も時々あてはまることがあります。
<記銘>今、玄関の鍵を掛けたばかりなのに、掛けたか心配になる
<保持>しばらく会っていないと、本名とハンドルネームとが(以下略
<想起>えっ、こんなことありましたっけ

 もうひとつ。覚える気がない…。

 言葉につまるというのも、ひとつの障害でしょう。
 今こんなことを打ちながら、これで正しかったか心配です。
 お分かりいただけますでしょうか。

|

« キハ181系―たぶん今年最後の購入品 | トップページ | ATS構想8―部品購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/50336701

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶とは:

« キハ181系―たぶん今年最後の購入品 | トップページ | ATS構想8―部品購入 »