« 武蔵野線に新顔 | トップページ | 運転会@かなうん »

2010年11月 6日 (土)

忍び寄る老化現象

 ブログのネタとして、新しいカテゴリーを。
 歳を重ねていくと、体のいろいろな所から「ガタ」がくるのは当然です。
 そんなこと、自分より年上の人達のことだろう、と思っていても、魔の手は忍び寄ってきます。
 最初は気のせい程度でも、そのうち「歳だなあ」と自覚し始めていく。
 早かれ遅かれ、いずれやってくるそんな現象を少しずつ、差し障りのない程度で楽しくUPしようかと模索していくつもりです。

 例えば最初はこんな内容で。
 朝、JR池袋駅から山手線を使いますが、その日の行先によって内回りに乗ったり、外回りに乗ったりします。
 いつも同じ改札口から入るので、どちらに行くにせよ、特に意識しなくても体が勝手に反応して自然に階段を上ります。

 ところがある日「今日は内回り」なのに階段を上ったら「外回り」のホームだったのです。
 慌てて内回りホームに移動しましたが、今までなかった経験です。
 脳のどこかの部分で「ほころび」が始まったのでしょうか。
 電車に乗る前に気付いたから”良し”でしょうか。

 こんな感じで、実話を記録していくことで何か役立つのではないかと。

|

« 武蔵野線に新顔 | トップページ | 運転会@かなうん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/49954962

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る老化現象:

« 武蔵野線に新顔 | トップページ | 運転会@かなうん »